Advertisements
Advertisements

土木の保険は個人事業主は入るべき?

土木 保険 個人事業主 サムネイル

土木の保険は個人事業主は入るべき?その答えは、加入するべきです。

間違った認識を持っている人も個人事業主の中にはたくさんいますが、まずは保険には加入するべきだと言う大前提は理解しておきましょう。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|必ず保険に入る

土木工事における個人事業主とは、いわば一人親方と言われる人です。

土木 保険 個人事業主 必ず保険に入る

従業員を雇うことなく、自分自身家族一緒仕事をしている人を指しています。

個人事業主の中には、保険関係には加入しなくても良いと言う考えを持っている人も多く、そもそも保険のことについては疎い個人事業主が多いのが現状です。

しかし、一部保険については必ず加入するべき保険もあります。

保険に加入しておかなければ、自分自身だけではなく、周りの人にも迷惑をかけてしまうことにもなります。

発注者や施主など、加入していないことで起こる問題はどんどん広がってしまうことを理解しておきましょう。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|加入するべき保険

土木工事を営む個人事業主が加入するべき保険は、健康保険年金保険、そして労災保険です。

土木 保険 個人事業主 加入するべき保険

つまり、雇用保険を除く社会保険全てに加入しておく必要があります。

この保険のうち、どれがかけても問題になると考えておくべきです。

とくに労災保険については、自分の体を守るとても重要な保険です。

自分だけの問題ではなく、家族にも大きな問題になる労災は、慎重に保険を選んで加入しておくようにしましょう。

また、加入料が高く敬遠されがちな健康保険についても重要な保険です。

全てはもしものときに使用する保険ですが、加入することが義務化されている以上は、加入していない人はすぐにでも加入をするべきです。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|選ぶべき保険

土木工事の個人事業主でも入れる保険は、いくつかあります。

健康保険の場合には、国民保険健康保険組合などを通じて加入することができます。

建設工事の場合には、健康保険組合がありますので、その業種に合ったプランを選ぶことができます。

一般的に広く普及している国民健康保険は、とても手軽に加入することができる保険として有名です。

また、労災保険個人事業主の場合には、特別加入制度利用することが一般的です。

土木 保険 個人事業主 選ぶべき保険

経営者は労働者ではありませんので、通常は労災保険には加入できませんが、一人親方の場合にはこの特別加入で入ることができるようになっています。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|入っておくべき最大の理由

保険に加入するかどうかは、任意だと考えている土木工事の個人事業主が多い傾向にありますが、今は必ず保険加入しておかなけばならない理由があります。

それは、今では保険に加入しておかなければ、工事現場出入りできなくなっているからです。

土木 保険 個人事業主 入っておくべき最大の理由

元請業者は、個人事業主を含む下請業者に仕事を依頼する場合には、保険に加入しているかどうかの確認を行うことになっています。

これは定めていることで、公共工事だけではなく民間工事においても同じことです。

今後においても土木工事の仕事を続けていくのであれば、保険への加入は必須なのです。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|入る場合の注意点

土木工事の個人事業主でも、保険に加入しておくべきであることはしっかり理解できたでしょう。

しかし重要なことは、保険に加入することではありません。

保険への加入は大前提のことであり、大切なことはその保険内容をしっかり理解して、必要であればその都度見直しを行うことなのです。

土木 保険 個人事業主 入る場合の注意点

リスクを回避してくれる存在が保険なので、必ず自分が加入している保険の内容は理解しておきましょう。

どのような場合に適用され、そしてどのような場合は適用されないのかまで、しっかり加入している保険の隅々まで理解しておくようにすることをおすすめします。

土木の保険は個人事業主は入るべき?|入ることは重要な意味を持っている

昔に比べ、土木工事の個人事業主でも、保険に入っていることは当たり前になってきました。

しかし、まだ加入をしていない個人事業主がいることも事実です。

土木工事個人事業主保険入ることは、重要な意味を持っています。

お金に変えることができない、自分自身や家族、そして関わっている全てに対して重要な意味を持つのだと言うことを認識しておきましょう。

土木 保険 個人事業主 重要な意味を持っている