Advertisements
Advertisements

メディケア生命の審査厳しい?

メディケア生命 審査厳しい サムネイル

メディケア生命の審査は厳しいという口コミが多いですが、なぜ厳しいのか理由を知っている人は少ないです。

生命保険会社にとってリスク管理に対する考え方が異なるので、メディケア生命の特徴を理解すれば審査を受けるポイントが分かるでしょう。

メディケア生命は告知事項の審査厳しい

メディケア生命は、告知事項審査厳しいという評判が上がっています。

なぜなら、告知書を書き慣れていない人にとって記入ミスしやすいメディケア生命は、審査前の段階でつまづきやすいからです。

基本的な問い合わせスキルを持っていれば、不明点と理解できる点を明確にした上で、疑問点をコールセンターで解決した上で申込審査に勧めます。

しかし、メディケア生命へ申込を考えている人の多くが、現在加入している生命保険や医療保険からの乗り換えをしようとしても、通販型保険の加入経験がほとんどありません。

メディケア生命 審査厳しい 告知事項

このため、告知事項記載方法知らない可能性高いです。

ネット販売だからこそメディケア生命の審査厳しい

ネット販売を行うからこそ、メディケア生命の審査厳しいという評判が立ちやすいです。

メディケア生命 審査厳しい ネット販売だからこそ

告知事項の記載方法だけでなく、曖昧記入があったり記載ミス多いとそれだけで審査落ちになりかねません。

対面式の生命保険ならば外交員が細かく申込書類をチェックした上で書き方を細かく教えてくれるので、保険契約に慣れていない人でもミスが無い申込書類を作成可能です。

審査段階で告知事項に関する疑問点が浮かび上がっても、営業担当者が間に入り説明してくれるので白黒ハッキリつけなければならないネット販売では、疑わしいとそれだけで黒と認定されて審査落ちとなりかねません。

メディケア生命の終身保険は掛け捨て保険より審査厳しい

審査厳しいメディケア生命の終身保険は、掛け捨て保険とは異なり長期間加入し続けることになるので、最初からリスク管理厳しくなっています。

メディケア生命 審査厳しい 終身保険

割安な保険料で大きな保障を得られる理由として、加入時の審査基準を厳しくするか保険金支払基準を厳しくするどちらかを実行しているからです。

メディケア生命では、両方共に実行しているので審査が厳しいという評価を受けることが珍しくありません。

入院時の保障期間については、60日・120日・180日という1入院に関する規定がありますが、メディケア生命では別の病気であっても連続した入院は1入院の縛りが発生します。

メディケア生命は審査厳しいので告知事項を厳密に回答すると良い

審査厳しいメディケア生命への申込は、告知事項を厳密に回答すると審査に通りやすくなります。

メディケア生命 審査厳しい 厳密に回答すると良い

告知事項の欄には、過去に経験した既往症全てを記入する必要がありますが、自分で申告が必要な病気かどうかを判断せずに一通り記入しておくと良いです。

なぜなら、保険会社ごとに異なる告知事項の内容が微妙に異なるので、告知義務違反指摘されないためにも厳密回答望ましいからです。

また、住友生命保険相互会社の完全子会社となっているメディケア生命では、過去に住友生命保険相互会社の保険申込履歴があるなら、同じ告知事項を記載しなければなりません。

メディケア生命は審査厳しいのでコールセンターに聞いて不明点をなくす

メディケア生命の申込は審査厳しいという評判があるので、申込時不明点があれば最初からコールセンター聞いて不明点をなくしておくこと大切です。

メディケア生命 審査厳しい コールセンターに聞いて不明点をなくす

ネット申込だからといって必ず当日中に手続きを終わらせなければならないわけではありません。

少しでも不明点があれば、コールセンターに電話して疑問点を無くした上で申込手続を進めるだけでも、告知事項に曖昧な点が無くなるので申込審査に通りやすくなります。

実際に申込書類不備による審査落ちがネット販売型の生命保険や医療保険では多いので、メディケア生命であっても同様に申込不備をなくすことから始めると良いです。

メディケア生命の審査厳しい点はリスク管理がしっかりしているから

メディケア生命の審査厳しいという評価は、リスク管理しっかりしている点を忘れてはなりません。

加入時に顔が分からない新規申込者に対して、申込内容でしか引き受け可否を判断出来ないので、グレーゾーン告知事項という評価になってしまいます。

メディケア生命 審査厳しい リスク管理がしっかりしているから

コールセンターへ不明点を確認しながらネット申込することで、少なくとも内容不備での審査落ちを避けられます。