Advertisements
Advertisements

ジブラルタ生命は怪しい?評価解説

ジブラルタ生命 怪しい サムネイル

ジブラルタ生命は怪しいという評価が存在しており、実際にどのような感じになっているのか気になる人もいるのが現状です。

そこでジブラルタ生命はどのような保険会社で、怪しいという評価になっている部分を紹介していきます。

また怪しい部分だけではなくて、評価されている部分も紹介します。

ジブラルタ生命保険会社の怪しいと評価されている実態

一部の評価で怪しいと評価されているジブラルタ生命は、設立2001年4月日本本社を置いている保険会社になります。

ジブラルタ生命 怪しい 実態

主に個人保険団体保険提供しており、様々な状況に対応した保険を提供しているのが特徴です。

82支社709営業所という膨大な支社や営業所存在しており、北は北海道から南は沖縄まで進出しています。

本社は東京都の千代田区になっており、総資産2018年12月時点11兆6774億円です。

現状に満足することなく、更に魅力的な保険を提供できるように取り組んでいるので、多くの人が保険に加入している状況です。

複数の逮捕者が発生しているのでジブラルタ生命は怪しい評価に繋がっている実態

ジブラルタ生命が怪しい評価になっている部分として、社員逮捕されているのが関係しています。

詐欺容疑や保険料詐取容疑で社員や元社員が逮捕されており、一部の人から良いイメージを持たれていないのが実態です。

また一度ではなく、過去に何度かこのような逮捕を発生させているので怪しいと感じる人が少なからずいます。

過去に発生した逮捕でもあり、現在では逮捕を発生させないように社員教育徹底的行っています。

ジブラルタ生命 怪しい 複数の逮捕者が発生

そして今後は、逮捕などの問題を発生させないように取り組んでいるので、少しずつ良いイメージに変わりつつあります。

ジブラルタ生命が怪しい評価の一つとして営業の評判が悪い

営業の評判が悪いという部分も関係しており、ジブラルタ生命が怪しい評価に繋がっています。

しつこい営業を行うケースも少なくなく、それが原因悪い評価をしている人がいます。

ジブラルタ生命 怪しい 営業の評判が悪い

しつこい営業を行う理由として、営業成績重視しているのが関係しています。

きちんと契約を取ってこないと上司もしくは管理職から厳しい叱咤があるため、強引でしつこい営業を行う場合があります。

またジブラルタ生命全ての営業に当てはまる訳ではないですが何回も断っているにも関わらず、保険商品の説明をしてくる場合もあり、これも怪しい評価に繋がっている理由の一つです。

ジブラルタ生命は怪しい評価になっているが米国ドル建て保険は高評価

多くの人から怪しい評価になっているジブラルタ生命ですが米国ドル建て保険リタイアメントインカムは、高評価になっています。

ジブラルタ生命 怪しい 米国ドル建て保険は高評価

毎月支払う保険料を積立していき、米ドル建ての資産を築けるようにしています。

保険料を無事に払い終えることができた人は、年金や一時金として受取ることができるのも特徴の一つです。

もし米国ドル建て保険のリタイアメントインカムに契約している人が亡くなった場合、死亡保障も設けられているので保険金を受けることができます。

このような魅力が発生しているので、米国ドル建て保険のリタイアメントインカムは評価されています。

ジブラルタ生命は怪しい評価だけではなくて良い評価もある

怪しい評価が存在している中でジブラルタ生命は、良い評価存在しているのが実態です。

保険料に合わせて保障内容が充実していて、いざという時に備えることができたり、営業ではなく担当者応対に満足などの評価も目立っています。

ジブラルタ生命 怪しい 良い評価もある

特定疾病保障終身保険に高い評価をしている人もいるので、必ずしも怪しい評価になっている訳ではありません。

ただ怪しい評価になっている部分も少なからず存在しており、逮捕者などが出ているのも関係してどうしても悪いイメージが発生しています。

良い評価と悪い評価どちらも存在しており、現在も多くの人が保険に契約しているのがジブラルタ生命の現状です。

ジブラルタ生命は怪しい評価と良い評価に分かれている

ジブラルタ生命は怪しい評価が存在しており、社員逮捕者が出ているもしくは営業評判悪いのが関係しています。

ジブラルタ生命 怪しい 怪しい評価と良い評価に分かれている

ただ米国ドル建て保険のリタイアメントインカムは高い評価になっていて、多くの人が契約している状況です。

このように怪しい評価と良い評価が存在しており、様々な評価を受けているのがジブラルタ生命になります。