Advertisements
Advertisements

チューリッヒのイオンのフリーケアプログラム解説

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム サムネイル

チューリッヒがイオンなどと提携して提供しているフリーケアプログラムとは、一体どういうものなのでしょうか。

生命保険や自動車保険など、「保険」と呼ばれるものは様々ありますが、従来であればどの保険に入るにせよ、外交員などの専門家を介したり店舗に足を運んだりと、かなりしっかりした「準備」が行われるのが常です。

しかし最近では、「フリーケアプログラム」などの案内が、封書の形で届くことも増えてきました。

今回はそうした点を解説していきたいと思います。

チューリッヒがイオンなどの提携して提供しているフリーケアプログラムって?

保険にも様々な運営者、形式がありますが、ほとんどの保険は、加入者がお金を払うことでその効果を発揮するという部分があります。

つまりは、生命保険であれ自動車保険であれ、もしもの時に補償金を得るならあらかじめお金を払う必要が出てくるわけで、保険の安心安全の効果を得るには経済力が必要ということになります。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム フリーケアプログラムって?

しかし、現在、イオンなど、様々な企業と提携する形で、チューリッヒなどの保険会社が展開しているフリーケアプログラムは、加入にあたってお金かからないという大きな特徴があります。

もちろん必要事項を記入して送付するといった手続きは必要ですが、経済的な理由で、受けようとしたサービスを断念せずに済むわけです。

チューリッヒが提供しているイオンなどと提携したフリーケアプログラムのメリットは?

そのフリーケアプログラムは、現在イオン等々の企業と提携する形でチューリッヒなどの保険会社が提供していますが、その最大のメリットは、「無料」という点にあります。

魅力的なフレーズが並ぶ保険商品でも、経済的な理由で加入を断念することは珍しくなく、また、幸い何事も起きなかった場合、皮肉にも「丸損」になってしまうという側面がありますが、フリーケアプログラムは無料ですので、経済的気兼ねなし加入することができます。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム メリットは?

また、経済的に苦しい時ほど入院費などの負担が気になるものですが、このフリーケアプログラムを活用することで、急場をしのぐことも可能です。

規約の許す限り類似のフリーケアプログラムに加入することで、実質的にサービスを強化することも可能です。

チューリッヒのイオンなどの企業と提携するフリーケアプログラムの弱みは?

現在、イオンやチューリッヒといった事業者が提供しているフリーケアプログラムは、加入申込書がついた封書などの形で案内がなされることが多く、必要事項書いて送ることで簡単加入することができます。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム 弱みは?

ただ、その注意点としては、該当する状況が限定されており、給付される保険金も安いことが挙げられます。

通常の保険とは違い、加入者から定期的に、保険金の「原資」でもあるお金が支出されているわけではないので必然的ではありますが、チューリッヒのフリーケアプログラムを例に挙げると、完全無料コースであれば、五日以上入院三万円一時金といったものであり、生活を支えるだけの充実ぶりとは言い難いものがあります。

類似のサービスとの重複を考えるならまだしも、このプログラム単体で不測の事態をフォローするには、かなり心もとない部分があると言えるでしょう。

チューリッヒのイオンなどの企業と提携するフリーケアプログラムに加入する際には個人情報を送ることに注意

簡単でシンプル、誰でも加入することができることが「売り」であるフリーケアプログラムですが、保険商品である以上、加入にあたっては審査があり、住所氏名など、審査に必要な個人情報を送らなくてはなりません。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム 個人情報を送ることに注意

また、お金の給付を受けるという関係上、振り込み先となる銀行口座なども必要になってきます。

もちろん、個人情報を送ったからといってただちに問題が起きるわけではありませんが、意図しない情報流出などのリスクは考慮しておく必要があるでしょう。

さらに言えば、個人情報を送る必要があるという前提を悪用し、フリーケアプログラムをかたった詐欺などには充分注意する必要があります。

チューリッヒのイオンなどの企業と提携するフリーケアプログラムには有料版もある

このフリーケアプログラムですが、完全無料版だけではなく、よりサービスを拡充した「追加補償版」も用意されています。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム 有料版もある

その名の通り、主に加入者を対象に、追加で補償を拡充するものですが、新規加入時にチョイスすることもできます。

もっとも有料とは言えさほどかかるコストは高くなく、五百円という非常に安価なコストで事故の際の賠償責任などが付与された傷害保険受けることができます

また、自身の怪我に関しても入院した場合は一日に七千円、手術保険金額も最高で七万円と、家族のためだけではなく、今後の生活へのフォローもなされています。

示談交渉などのオプションも付与されているので、コンパクトである一方実戦的だとも言えるでしょう。

チューリッヒが提供するイオンなどの企業と提携しているフリーケアプログラムの今後

WEB上や広告のCMなどで「露出」することは少ないながら、無料で加入ができるという圧倒的なお得感あるため、多くの層から評価受けているのが、このフリーケアプログラムです。

チューリッヒ イオン フリーケアプログラム 今後

今後の消費税増税や高齢化の進展などにより、貯蓄を維持していくのが難しい中、いざという備えが必要というのはまさしく共通の悩みですから、たとえ限定的であっても入院費などの手助けをしてくれるこうした保険商品人気高まっていくものと思われます。

また、疾病への対応など、また別のプランなどの要望も多いと考えられ、潜在的な支持層はかなり多いものと思われます。