Advertisements
Advertisements

がん保険でメラノーマは保障される?

がん保険 メラノーマ サムネイル

がん保険の保障範囲にメラノーマが含まれることは、多くの場合で皮膚がんの多くが対象外となる中でしっかり保障内と明記されることが多いです。

では、なぜメラノーマだけが皮膚がんの中で例外的にがん保険の対象となるのでしょうか。

がん保険対象となるメラノーマに注意

がん保険の対象としてメラノーマが含まれていることは、皮膚がんの中でも特に悪質性強く危険がんであることを意味しています。

皮膚がんの多くは、上皮内新生物という扱いとなるので、基底膜を超えない範囲内でのがんを発症するわけです。

メラノーマは、メラノサイトと呼ばれる肌の色を決める色素細胞やほくろとなる母斑細胞悪性腫瘍化したものとなります。

がん保険 メラノーマ 注意一度発症すると、すぐに全身に転移する特徴があるので、自覚症状が現れた時には既に複数の臓器に転移しているといった事例が少なくありません。

日本人の場合には、足の裏や手のひらだけでなく爪にも出来ることが多いという特徴があります。

がん保険でなぜメラノーマは対象となるのか

皮膚がんの中でなぜメラノーマだけがん保険対象となるのか、不思議に思う人も多いでしょう。

最も大きな理由として、皮膚がん全体の中でメラノーマの割合は少ないにも関わらず、死亡率高いことが原因です。

皮膚がんの罹患数が多く大半は皮膚切除完治する基底細胞がんに対して保険金支払っていると、保険料高くなりすぎる問題があります。

しかし、メラノーマに関しては転移性が高く重症化しやすいために、最初から保障対象とするほど皮膚がんの中では特に危険な存在だと医学界からも警告が出ているからです。

がん保険 メラノーマ がん保険の対象

メラノーマの発症率と悪質性の高さが、がん保険の対象とする理由になっています。

がん保険でメラノーマ以外の皮膚がんは対象とならない理由

メラノーマ以外皮膚がんを発症した人は、なぜがん保険の保障対象ならないのか納得が行かない人も多いでしょう。

がん保険 メラノーマ がん保険対象とならない理由

しかし、皮膚がんの中でも基底細胞がん有棘細胞がんについては、紫外線大量照射することで意図的がん作り出すことが出来ると分かっています。

保険金目当てで繰り返しがんを発症させても、死亡リスクが少ないので最終的に利益を得てしまうモラルリスクを抱えているわけです。

メラノーマについては、意図的にがんを発症させると本人が死亡するリスク高いので、敢えて発がんさせる人はいません。

こういったモラルリスクを避けるためにも、メラノーマ以外の皮膚がんはがん保険の対象外となっているわけです。

がん保険でメラノーマの治療費を保障する

がん保険でメラノーマ治療費保障することは、5年生存率の低さを考えると再発リスクと転移リスクが高いがんという理由から、メラノーマが命の危険があるがんだと分かります。

 

1箇所の治療が終わったとしても、メラノーマ全身全ての皮膚から発症するリスクあるので、生活習慣や体質改善から取り組まなければ再発リスク高い皮膚がんだと知られています。

がん保険 メラノーマ 治療費を保障する

皮膚組織の中でも特に細胞の活性度が高いメラノサイトと母斑細胞が発生源ですから、進行が早くがん化した後の転移速度驚異的です。

がん保険でメラノーマの治療費を保障しなければ、他の部位にがんが転移してからでは保険会社が負担する保険金が莫大になりかねません。

がん保険でメラノーマは明確に保険対象と明記されている

皮膚がんの多くは基底膜の上側で発症するので、メラノーマ以外はがん保険対象外明記されることが多いです。

しかし、メラノーマだけはがん保険の対象と各保険会社では明記しているので、保障内容確認を行う際に皮膚がん項目チェックする必要があります。

がん保険 メラノーマ 明記されている

上皮内新生物については、がん保険の保障対象外となることが多く、基底細胞がんと有棘細胞がんは上皮内新生物として処理されることが多いです。

メラノーマのみが悪性新生物としてがん保険の保障対象に最初から含まれるので、悪性新生物と上皮内新生物の保障内容を個別に確認しておくと皮膚がんの取扱を全般的に理解出来ます。

がん保険ではメラノーマは保障される

がん保険保障対象には、皮膚がんの中で唯一メラノーマのみ最初から含まれます。

大半の皮膚がんは、基底膜の上側でがん細胞が増殖するので切除により容易に除去可能です。

がん保険 メラノーマ メラノーマは保障される

しかし、メラノーマだけは進行速度が極めて早く転移しやすく再発も多いことから、死亡リスクと他の転移がんへの移行が多いので最初から保障対象から外す保険会社はありません。