Advertisements
Advertisements

アフラック新がん保険は解約返戻金があるの?

アフラック 新がん保険 解約返戻金

アフラック新がん保険の解約返戻金はあるのでしょうか。

アフラックの新がん保険は現在は販売されていないがん保険です。

新がん保険は古い保険なので、現行のがんの治療に対応していないケースも少なくありません。

その場合、保険の見直しを行なって解約したい場合には解約返戻金は戻ってくるのでしょうか。

アフラック新がん保険 解約返戻金|新がん保険のメリット・デメリット

アフラック 新がん保険 解約返戻金 メリットデメリット

アフラックの新がん保険は1978年に発売され2004年に販売を終了したがん保険です。

この保険では1口ごとの契約となり、がんと診断された場合の入院給付金は本人で15,000円。

2口契約だと2倍の3万円となり手厚い保障内容となっています。

さらに、保障内容に対して保険料も安いというメリットもありますが、がん治療は常に進化を続けていますので現在の、がん治療に対応していないなどのデメリットもあります。

その為、保険の内容によっては見直しが必要となります。

新がん保険には「死亡保険金」に対して保険料の積立がありますので、途中解約をされる場合には解約返戻金が戻ってきます。

アフラック新がん保険 解約返戻金|解約返戻金が戻ってくる?保険を強化をする場合

アフラック 新がん保険 解約返戻金 強化

新がん保険では対応していない現行のがん治療に保険を適応するには、保険の強化が必要になります。

アフラックの新がん保険には、新がん保険ではカバーできない「上皮内新生物」の保障をする特約充実PACK(パワーアッププランⅢ)があります。

新がん保険では、悪性新生物のみが保障対象ですので、特約充実PACKを追加すると、上皮内新生物の場合も、入院給付金・在宅療養給付金が支払われるようになります。

その他、保障を強化するために「生きるためのがん保険Days1プラス」というプランが用意されており、診断給付金・先進医療・がん通院保障・三大治療などを希望に応じて取り入れる事が可能です。

アフラック新がん保険 解約返戻金|解約して払い戻す際の注意点

アフラック 新がん保険 解約返戻金 注意点

アフラックの新がん保険の保障内容を見直して、保険を途中で解約する場合には解約返戻金が戻ってきます。

ただし、戻ってくる金額については保険に加入している期間や月額の保険料によってそれぞれ異なるので注意が必要です。

なお、先に保険を解約すると保障が無くなりますので先に新しい保険に加入した上で保険を解約するようにしましょう。

また、同時に解約と新規加入する場合でも、保障が適応されるまで90日間の空白期間ができてしまいますので、新しい保険に加入しても2ヶ月は新がん保険を継続する必要がありますので気をつけましょう。

アフラック新がん保険 解約返戻金|解約返戻金が戻ってこない場合

アフラック 新がん保険 解約返戻金 戻らない

新がん保険は保険料を半年もしくは年払いでの支払いが可能となっています。

保険料を半年払い・年払いにしている場合には期間の途中で解約しても未経過分の返金はありませんので注意が必要です。

例えば、保険料を年払いにしていて4月に保険料を支払ったとします。

そして、7月に保険を解約してしまうと既に支払っている8ヶ月先の保険料は返金されません

もし、半年もしくは年払いで新がん保険の料金を支払っていて新しい保険に乗り換える場合には、
先に支払っている期間より前に解約しても損をするだけなので、新しい保険に乗り換えた後も直ぐに解約をしなくても良いでしょう。

アフラック新がん保険 解約返戻金|戻ってくるが見直しは慎重に

アフラック 新がん保険 解約返戻金 見直し

新がん保険は、現行のがん治療に対応していない場合もありますが保障内容は充実しており、強化プランも存在しています。

保険の見直しをして解約をする前には、十分に検討した上で解約を行いましょう。

例えば、新がん保険は基本プランであれば新しい保険よりも費用が安い場合があります。

それが理由で保険を継続していた場合、先進医療などのオプションをつけると保険料は上がってきます。

しかし、別の保険であれば同じ保障内容で料金が安いケースもあるのです。

このように、様々なケースを踏まえた上で料金プラン・保障内容を検討して保険の見直しを行いましょう。

アフラック新がん保険 解約返戻金|解約返戻金についてのまとめ

アフラック 新がん保険 解約返戻金 まとめ

アフラック新がん保険は保障内容も充実しており費用も比較的安い保険です。

しかし、上皮内新生物に対しての保証がないなど現行のがん治療に対応していないところもあります。

保障内容を補う場合は、オプションなどを追加して強化することも可能ですが、新がん保険の場合解約返戻金が戻ってきますのでこれを機会に保険の見直しを行うのも1つの方法です。