Advertisements
Advertisements

ジストはがん保険で保障される?

ジスト がん保険

ジストはがん保険で保障されるのか気になる方も多いのが実態としてあります。

かなり低確率ではあるのですがジストを発症する方もいて、治療に専念することでしっかりと回復することができます。

そんなジストなのですがどのような特徴を持っており、がん保険の支払いになるのか紹介します。

ジストががん保険で保障されるのか気になる前にジストの実態とは

ジスト がん保険 腹痛

 

ジストは約10万人に1人もしくは2人の割合で発症する可能性を秘めています。

またジストは消化管に発生する悪性肉腫の一つなのですががんとは異なる性質を持っています。

その他にもがんは、粘膜から発生するのに対し、ジストは筋肉層から発生するので発生する部位が異なっています。

症状は、ジストが原因による出血や腹痛などの症状が起こるのですが中々自覚症状が出ないという特徴があります。

そんなジストの治療方法は、外科の手術で取り除いたり、分子標的薬という薬を使用して治療していき、大きなジストでも完治を目指すことができます。

ジストはがん保険で保障されない

ジスト がん保険 保険金

ジストはがんとは違っている為、がん保険で保障を受けることができません。

通常がん保険に加入している方は、がんを宣告された時に給付金をもらうことができたり、入院や手術をする際、色々とサポートしてもらうことができます。

しかし、ジストはがんではないので残念ながらがん保険を契約していてもこれらの給付金を受けとることができないです

人によっては、ジストをがんと勘違いしている方もいて、がん保険を契約している会社から給付金を貰えると勘違いしている場合があります。

しかし実際には、給付金をもらうことができないので注意しなくてはいけません。

ジストはがん保険で保障されないが色んな年齢で発症する可能性

ジスト がん保険 子供

がん保険で保障されないジストなのですが色んな年齢で発症する可能性を秘めています。

基本的に高齢の方ほどジストは発症しやすくて、がんと一緒で50代もしくは60代になると発症確率が高まっていきます。

しかしある程度の年齢に達している方だけではなく、比較的若い年齢の方も発症してしまう恐れがあります。

かなりの低確率になっているのですが10代から30代の方もジストを発症しており、小児型GISTと言われています。

このようにジストは低確率で発症するのですがその中には、若い年齢にも関わらず、ジストを発症している方がいます。

ジストはがん保険で保障されないが胃がもっとも発生しやすい

 

ジスト がん保険 胃

残念ながらがん保険で保障されないジストですがもっとも発生しやすいのがになります。

ジストを発症した際、約6割ほどは胃に発生してしまうのが注意しなくてはいけません。

その次に発症しやすいところが小腸になっており、約3割ほどの確率で発生する恐れがあります。

最後に食道や大腸にもジストが発生する確率があります。

ただし胃や小腸と比較しても発生する確率は低くて、約1割程になっています。

消化管の粘膜下から発生するジストなのですが発症しやすいところと発症しにくいところがあり、それぞれ割合が違っているのが実態です。

ジストはがん保険で保障されないが少しでも発症確率を下げられる

ジスト がん保険 食事

どんな人でも発症してしまう可能性があり、がん保険で保障されないジストなのですが規則正しい生活バランスの良い食事をすることで少しでも発症を避けられます。

その他にも喫煙を極力控えるだけではなく、適切な運動や標準体型をキープするなども効果的な方法です。

少しでも健康的な生活を実施していき、体のケアをしていけば、ジストを発症する確率を少しでも下げられます。

逆に過度な飲酒や喫煙をしていたり、不規則な生活をしている方はジストが他の方と比べても発症する可能性が出てきます。

ちょっとでも発症したくないという方は、まず不規則な生活や偏った食事を避けなくてはいけません。

ジストはがん保険で保障されないが発症する確率がかなり低い

ジスト がん保険 発症

ジストはがんとは異なる性質になっているため、がん保険で給付金などのお金を受け取ることができません。

そんなジストなのですが年齢に関係なく、発症してしまう可能性があります。

そこで規則正しい生活やバランスの良い食事などをすることで、少しでも発症確率を下げられます。

不規則な生活をしている方ほど、ジストを発症しやすくなるので注意です。