Advertisements
Advertisements

かんぽ生命の終身保険の配当金解説

かんぽ生命 終身保険 配当金 サムネイル

かんぽ生命の終身保険に加入した場合、配当金というものが支払われます。

生命保険ではあまり聞かないこの配当金というものですが、かんぽ生命の終身保険にはこれがついています。

しかしこの配当金、一体どういうもので何時支払われるのか知りたいですよね。

かんぽ生命の終身保険に配当金が付くのはどういう感じのもの?

かんぽ生命というのは2007年の郵政民営化に伴って発足した保険会社です。

かんぽ生命 終身保険 配当金 どういう感じのもの?

元の日本郵政公社で販売されていた簡易保険の加入受付が、郵政民営化と共に終了され、この愛称を受け継いだのが同じく郵便局で扱われる保険、かんぽ保険なのです。

近頃はネットなどで簡単に加入できる保険が目白押しですが、今でも昔ながらに人の手と言葉によって窓口加入という、手作り感のある保険ですね。

何よりも手堅いというイメージが有り、あらゆる年代の加入者が多いのも事実です。

結果、年間終身保険者数ランキングでは、上位に入るという好結果を維持しているのです。

かんぽ生命の終身保険には配当金がつくって本当?

配当金と言われると、株の配当金をイメージしてしまいますね。しかしこのかんぽ生命終身保険にも、配当金ついてくるのです。

保険のタイプや加入年数などによっても違いが出てきますが、毎年これが積み立てられてきます。

契約によってはこの配当金のみ受け取ることも可能です。

いったいいくら手に入るのか知りたいのは勿論ですが、その年によって違いがありますので、いくら絶対に支払われる保証があるというわけではありません。

また昔のように多くの配当金の支払いは、流石に見込めなくなってきました。

かんぽ生命 終身保険 配当金 配当金がつくって本当?

とはいえ終身保険に配当金がつくというのは、やはり魅力1つですね。

かんぽ生命の終身保険には配当金つくからお得?

配当金がつくということは、これは他の会社の終身保険に比べてかなりお得ではないか、と早合点する人もいるでしょう。

実はかんぽ生命終身保険保険料は、意外と高いのです。

また保険料に比べて補償額少ないと言う声も上がっています。

それに加えて、払い込んだ保険料満期保険金があまり変わらない、ともいわれています。

そして何より気になるのが、特約をつけた場合の保険料の高さです。

このあたりが実は、かんぽ保険加入者には引っかかる点ですね。

かんぽ生命 終身保険 配当金 配当金つくからお得?

配当金の支払い金額と合わせて実際、他の保険よりもお得になるかを確認してからの加入がおすすめになります。

かんぽ生命の終身保険につく配当金は何時受け取れる?

契約によっての違いがありますが、基本積立配当になります。

とは言え勿論、自由に引き出すことも可能です。

これは本当に契約の種類によっての違いがありますので、郵便局の窓口で加入の時確認しておきたいものです。

かんぽ生命 終身保険 配当金 何時受け取れる?

1年で、その年の配当金がつきますので、自由引き出し配当ならそれ移行の引き出しは基本可能です。

ただ保険金自体の支払時、被保険者の死亡時の保険金支払いの時にまとめてと言う支払いが一般的です。

どうしてもというときには引き出せるような契約にしておくのもいいでしょうが、実際積立利率は悪くありません。

利率が良ければ寝かせておいたほうが、後々のためにお財布にもよろしいでしょうね。

かんぽ生命の終身保険の配当金を請求するには

まず保険料証明書確認をして下さい。

かんぽ生命 終身保険 配当金 請求するには

これに、契約者配当種別の欄に、自由引き出し配当とあれば請求ができることになります。

窓口での請求になりますので、保険証券正当権利者確認書類、つまりは身分証明書を持って請求行います

基本口座受け取りになりますので、その場ですぐというわけにはまず行かないと覚悟しておいて下さい。

振込最短翌営業日になります。

何よりも気をつけて置かなければいけないのは、自由引き出しの記載があるかどうかです。

これがなければ請求自体できませんので、まず最初にそこの確認をして下さい。

実際のところこの手の請求はあまりないようですので、郵便局で手間を取るという場合もあります。その点も心得ておくといいでしょう。

かんぽ生命の終身保険は配当金があるから本当にお得なのか?まとめ

一見配当金がある、と言われるとこれはお得だ、と思ってしまいがちです。

まあ実際のところ、非常に手堅くまた基本抑えてあるのがかんぽ生命終身保険です。

なので加入者は後をたたないのも事実です。

かんぽ生命 終身保険 配当金 まとめ

しかし保険料をよく確認、支払われる満期保険金などもしっかりと計算、その上にある程度の配当金がつくと言うことで、お得かどうかを判断して下さい。

お財布に優しい、人にも優しい保険を選ぶために、ここは手間かけて選ぶのをおすすめしたいです。