Advertisements
Advertisements

がん保険の選び方で掛け捨てと積立

がん保険 選び方 掛け捨て サムネイル

がん保険の選び方で掛け捨て型が選ばれるのはなぜでしょうか?その大きな理由は保険料の安さと、支払い計画の柔軟性です。

この記事では積立型に比べて3割ほど安く、補償内容も充実している掛け捨て型がん保険に焦点を絞って詳しく解説していきます。

現在提供されているがん保険のタイプをまるごと把握できますよ。

がん保険の選び方は掛け捨てが基本!?そうは言っても積立型の返戻金は魅力

がん保険のうち、払った保険料契約満了時返戻金として戻ってくるのが積立型です。

がん保険 選び方 掛け捨て そうは言っても積立型の返戻金は魅力!

払った額が大きくなるほど戻ってくる割合が高くなるのが一般的なので、返戻金の額を大きくしたい場合は長期契約する必要があります。

しかし戻ってくる割合最大でも90%台前半です。

払った以上に増えることはありませんから、貯蓄としてはイマイチ使えません。

また、ガンになっても保険料を払い続ける義務があるのは大きなデメリットでしょう。

積立型の一番のメリットは死亡保障がついているものが多い点です。

加入時の審査項目が、がん関連以外には無いので生命保険などに比べて入りやすい。

生命保険の審査に落ちた方が死亡保障を受けるために利用できます。

がん保険の選び方は掛け捨てが基本!?掛け捨て型は安さ魅力

少しでも安くがんを保障してもらいたい、そんなニーズに応える保険掛け捨て型がん保険です。

がん保険 選び方 掛け捨て 掛け捨て型は安さ魅力

積立型と違い、支払った保険料が帰ってこないデメリットがありますが、そのかわり積立型よりも3割ほど安い保険料で保障を受けることができます。

積立に比べて最新がん医療対応するスピードが早いのもメリットのひとつです。

がんは最新医療の方が効果的な場合がありますから、そういった医療を受けたい方は対応の早い掛け捨て型を選ぶメリットがあるでしょう。

がん保険に加入する方の多くが選ぶ保険タイプであり、積立か掛け捨てか迷った時はとりあえず掛け捨てをおすすめします。

問題があった場合に乗り換えるのも積立より簡単です。

自由度が高いのも掛け捨て型の魅力です。

掛け捨て型は「終身型」と「定期型」の2つのタイプから選ぶことができます。

それぞれどのような利点があるのでしょうか?

がん保険の選び方は掛け捨てが基本!?終身型は支払い方に融通がきく

終身型の掛け捨て型がん保険は一生続く保障を安価に受けられるのが最大の特徴です。

がん保険 選び方 掛け捨て 終身型は支払い方に融通がきく

積立型の終身がん保険よりも安価に同等かそれ以上の保障が提供されます。

支払期間をコントロールできるのも大きなメリットです。

例えば60歳までに一生分の保険料を支払い終えるよう計画することもできます。

定年後の所得が少ない時期に保険料を払うことなく、がんを保障してもらえます。

保険料は契約時に提示された額から上がることはありません。

定期保険に比べて特に中高年以降保険料抑えることができます。

一生続くがん保険を受けたいが積立型の保険料は高すぎるという場合に最適な保険です。

がん保険の選び方は掛け捨てが基本!?最新がん医療に対応したいなら定期型がいい

定期型の掛け捨て型がん保険は一定期間だけがんを保障してくれる保険です。

 

保障期間の相場は10年、契約が満了するごとに新たな定期型がん保険に加入することになります。

保険料は20代・30代では保険料安く設定されているので、まだ収入が十分にない若い世帯には経済的にやさしいです。

がん保険 選び方 掛け捨て 最新がん医療に対応したいなら定期型がいい

逆に40代以降は急激に保険料が上がります。

子供の進学費用がかかるタイミングで保険料負担が増すことになるので注意が必要です。

保障期間が限られていることがメリットになる場合もあります。

条件の良い保険が新たに販売された場合に乗り換えしやすいからです。

特にがん治療の中身が変わって入院よりも特定の施術に対する給付が重要になった場合、保険内容が従来のがん治療をベースにした終身保険では対応できないケースも出てくることが考えられます。

がん保険の選び方は掛け捨てが基本だが生涯の保険料を計算して決めよう!

がん保険を選ぶポイントは生涯の保険料第一考えることです。

がん保険 選び方 掛け捨て 生涯の保険料を計算して決めよう!

がんの発症率

がん発症率上昇するのは50代以降です。

定期型がん保険では40代半ばから保険料が上がり始め、65歳では月の保険料1万円突破します。

さらに70歳では1万5千円、これでは年金が破綻しかねません。

60歳まで支払終えることができる掛け捨て型の終身がん保険が選ばれるのも老後経済問題からです。

定期型がん保険の使いどころはどうでしょうか。

50歳以下のがんリスクは低いですが、若年のがんは進行が早く効果的な最新がん医療が求められるケースが少なくありません。

その場合には最新医療対応した定期型が頼りになります。

親族に若くしてガンで亡くなった方がいる場合、家族の生活を守るためにも手厚いサポートを受けられる定期型がおすすめです。

がん保険の選び方は掛け捨て型終身保険をベースに自分に合ったものを探す形で!

掛け捨て積立がん保険詳細について見てきました

がん保険 選び方 掛け捨て 自分に合ったものを探す形で!

経済的な理由で掛け捨て型の終身がん保険を選ぶ方が多いことに納得した方も多いのではないでしょうか?定期型は最新がん医療にも対応が早いので効果的ながん保険ですが、50代以降の保険料は高額です。

よっぽどがんに対して危機感を覚える方でないと継続して利用することはできません。

可能な限り遅らせて掛け捨ての終身型保険に加入するのが現実的ながん保険の利用方法でしょう。