Advertisements
Advertisements

チューリッヒのガン保険弱点解説

チューリッヒ ガン保険 弱点 サムネイル

チューリッヒのガン保険の弱点について解説します。

チューリッヒのがん保険は、何よりも保険料が安いことがうけて人気があるがん保険です。

そのため、多くの方が検討されているかもしれません。

ですが、このような人気の保険にもいくつか気を付けておきたい点や弱点と言われる点がありますので、今回はそこことについてお話します。

チューリッヒのガン保険弱点|特徴

チューリッヒのがん保険の特徴の一つ目としては、保険料安いということが一番に挙げられます。

30歳の女性ですと、月々の負担が1000円以下で入れるがん保険はなかなかありません。

他の保険ですと、だいたい2000円~3000円となっていますので、半分以下で加入できるのは大きなメリットです。

さらに通常のガン保険であればガンの申告で一時金が支払われ、入院費や通院費、手術費などが支払われるというものがおおいですが、ほとんどは放射線治療や、ホルモン治療抗がん剤治療などに対応しておらず、長引きがん治療をカバーしきれません。

チューリッヒ ガン保険 弱点 特徴

これをカバーするのがチューリッヒがん保険です。

チューリッヒのガン保険弱点|自由に組み立てられる

さらにチューリッヒのがん保険のメリットといえるのが、特約自由設計できるプランがあるので、必要に応じてオプショナルを付けたり、不要な部分を削ったりすることが出来ます。

チューリッヒ ガン保険 弱点 自由に組み立てられる

主契約のみだと不安という方は、診断や手術、入院、通院のときに給付金が支払われる特約も個別につけることが可能なので、通常のがん保険と同じように組み立てることができます。

がん診断特約は、初めてがんと診断されると50万円か100万円が支給されるように設定することも出来ます。

特約を付けても月間数百円程度アップするだけだのも良いところです。

チューリッヒのガン保険弱点|デメリット①

このように一見とても魅力的なチューリッヒのがん保険ですが、実はいくつか気を付けておかなければならない点もあります。

チューリッヒ ガン保険 弱点 デメリット①

一つ目はガン診断特約2回目以降は、保険料もらえないということです。

2回目以降ガンが見つかっても、入院されない場合は保険が出ません。

ですので、もし2回目のがんが再発しても、通院中は保険料は給付されないことになります。

れは、がん診断特約をつけた場合のみのことになりますので、がん診断特約を付けない場合は特に関係ありません。

ただ、がんと診断されて2回目のがん治療が手術などを伴うような場合は、これの保険支給の対象となります。

チューリッヒのガン保険弱点|デメリット②

二つ目としては、健康保険対象外の治療は保険給付対象なりません

近年はいろいろながん治療が表れています。

チューリッヒ ガン保険 弱点 デメリット②

がん免疫細胞治療

例えば、がん細胞治療とか免疫治療のような先進治療の開発が勧められています。

チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムは健康保険の対象治療のみ保障されるため、このような最新の治療は対象外です。

今後、このような新しい治療がメインとなると、がん先進医療特約にあてはまらないものも出てくるかもしれません。

新しい治療法などが将来出てきた場合、健康保険の対象外となる治療になるので補償されないということがあります。

チューリッヒのガン保険弱点|口コミ

チューリッヒ ガン保険 弱点 口コミ

チューリッヒ生命の保険は上皮内ガンにも対応しているのが魅力でした。

初期のガンにも対応しているのはとても魅力があります。

まさかの時にそなえられます。

とても丁寧な説明があり、がん治療について詳しく説明してもらえ、明確に支給の有無が理解できるのがよかったです。

他のがん保険のようにあいまいなところがありません。

30代女性ですが、女性のガンにも対応しているので安心です。

これならこれからもしがんと診断されても安心感が持てます。

違約金についてもきちんと決まっていてよかったです。

100万、200万、300万のコースの3つから選べてよかったです。

支払方法選択肢豊富なのが便利です。

チューリッヒのガン保険弱点|良い点とデメリット

このようにチューリッヒがん保険は、良い点デメリットがどちらもあるので、一つによっては魅力的に感じる方も多いと思いますが、デメリットについても考慮しておくことが大切です。

今や2人に1人はがんになるという時代ですので一つぐらいはガン保険にはいっておきたいという方もいらっしゃると思います。

チューリッヒ ガン保険 弱点 良い点とデメリット

まずは自分合ったがん保険を選ぶことが大切です。