Advertisements
Advertisements

がん保険で全額補償される保険とは?

がん保険 全額 補償

がん保険で全額補償してくれるものはあるのでしょうか。

がん治療は入院期間が短くなる傾向があり、入院保障が手厚くても無駄が生じるケースがあるのがポイントです。

かかった費用の保障に強い実損払い型のがん保険が人気になっていますが、支払い限度額があるなどデメリットのチェックも必要です。

がん保険で全額補償される保険とは?治療費を全額補償してくれる実損払い型のがん保険

がん保険 全額 補償 医者

がん治療などにかかった費用を全額補償してくれるのが実損払い型のがん保険です。

がん治療は入院期間が短くなる傾向があり、その後の通院が長引く傾向があるのがポイントです。

そのため従来型の入院保障が手厚いがん保険では無駄が生じやすく、通院保障の少なさがネックになることがあります。

実損払い型のがん保険は実際にかかった費用に対する保障をしてくれるため無駄が少ないだけでなく、入院保障の手厚さを省けるため保険費用を安くできるというメリットがあります。

思ったよりも保険が受け取れなかったと言う恐れが少ないことから人気になっているのです。

がん保険で全額補償される保険とは?全額補償を行う実損払い型のがん保険のデメリットは

がん保険 全額 補償 通帳

治療などにかかった費用の全額補償を行う実損払い型のがん保険ですが、デメリットも存在します。

これは支払いの限度額が存在することで、無限に保険がおりるわけではないことです。

想定以上に治療に時間がかかった場合や、治療費が増える要因がある場合は負担が生じる可能性があります。

また、終身型の保険がなく、定期タイプのみになっているのも特徴です。

将来的にどの程度治療費の相場が変化するか予測が難しいため、保険会社がリスクを背負いきれないためです。

契約が切れて入りなおすことを繰り返せば保険料が上がっていくなど、負担が大きくなるケースもあります。

がん保険で全額補償される保険とは?評価の高い全額補償のがん保険 1.SBI損保

がん保険 全額 補償 SBI

全額補償のがん保険の中では非常に費用が安いのがSBI損保のがん保険です。

実際にかかった費用を全額保障してくれるため、実質自己負担をゼロにすることができます。

自由診療も含む広い範囲をカバーしてくれるため、月々の保険の負担が重い場合節約にも使うことができます。

ただし、掛け捨てが前提になるため貯蓄感覚で保険を利用したい場合は別の保険を組み合わせるなど工夫をする必要があります。

公的制度の保障などを組み合わせることが前提になっているため、実質負担の金額が基準になるのもポイントです。

手軽さを求める場合に入りやすいのが魅力になります。

がん保険で全額補償される保険とは?評価の高い全額補償のがん保険 2.セコム損害保険

がん保険 全額 補償 SECOM

セコム損害保険のメディコムは通院保障が充実しているがん保険になります。

上限が1000万円までの全額補償となっていて、月々の負担も比較的安いのが特徴です。

入院保障が上限無しになっているため入院保障を手厚くしながら通院保障も充実させたい場合に人気で、自己負担を基準に支払いが行われます。

ただし、契約期間は5年が基準で、契約が切れた場合は更新が必要になります。

5年ごとに保険を見直す感覚で利用するのがおすすめです。

先進医療や自由診療もカバー範囲に入るため負担が生じにくくなっています。

通院で上限の1000万円を超えるケースはまれなため、安心感が高い保険の一つです。

がん保険で全額補償される保険とは?がん保険の全額補償がいいか一般的な終身型が良いかは比較した上で

がん保険 全額 補償 高齢

全額補償型のがん保険は保険料が非常に安いかわりに5年程度で満期になり、見直しが必要になります。

終身型のがん保険に比べて将来的な保険料が高くなる可能性を織り込む必要があります。

特に70代など高齢になった時の保険料はかなり高くなるため、一般的な保険の補助として入るなど工夫をした方が良い場合もあるのです。

常に保険を見直す意識を持つことや、公的な保障制度との組み合わせで考えることも大切です。

高額医療など国の保障制度を考えずに保険に入ってしまうと負担が大きくなるケースもあるため特に注意が必要です。

年収の変化などにあわせて見直す柔軟さなども大切です。

がん保険で全額補償される保険とは?全額補償されるがん保険は選択肢の一つとして知っておくと便利

がん保険 全額 補償 見直す

治療費が全額補償されるがん保険は保険料が安いなどメリットがある一方で、定期保険しか無く更新を続けることで保険料が上昇するなどデメリットも存在します。

選択肢の一つとして比較したり組み合わせたりすることが重要で、何を重視するかで選び方もかわります。

保険全体の費用を下げるために活用を考えることや、適時見直すことで保険料の無駄を省くことが出きるのです。