Advertisements
Advertisements

プルデンシャル生命がん特約保障解説

プルデンシャル がん特約 サムネイル

プルデンシャル生命がん特約保障について解説をします。

現在は様々な保険商品があり、特にがんなどの疾病に対応したものは非常に人気があります。

ただ、顧客にとって、特約などのオプションが極めて多い上に複雑で、分かりにくいのが難点でした。

しかし、プルデンシャル生命のがん保険、「がん診断保険」は、極めてシンプルかつ分かりやすいサービス内容となっています。

今回は「がん診断保険」が、具体的に一体どのようなものかを見ていくことにしましょう。

プルデンシャル生命のがん特約型保険のがん診断保険って?

プルデンシャル生命は様々な保険商品を揃えていますが、医療、疾病型保険として「がん診断保険」を展開しています。

この保険は、がんと診断されてしまった時の給付金と、亡くなってしまった際の死亡給付金のみが保証されている、極めてシンプルな医療保険になっています。

プルデンシャル がん特約 がん診断保険って?

がん診断の際の給付金は原則として300万円ですが、他のがん保険ではフォローしていない場合も多い上皮内や皮膚層の、ごく浅いがんでも条件合致すれば給付金支払われるのが特徴です(通常のがん診断給付金の10%)。

また、がん特約オプション設定することも可能となっています。

プルデンシャル生命のがん診断保険に付与できるがん特約にはどんなものがあるの?

がんと診断された際と死亡時の給付金のみをフォローする「がん診断保険」は、極めてシンプル分かりやすい内容になっているという特徴があります。

複雑で多くの条件が絡む保険とは違う明快さを求めるにはピッタリの保険ですが、実際問題としてがんを治療するには入院や手術などが必要になってくるものであり、そのあたりのフォローも欲しいというのが正直なところでしょう。

プルデンシャル がん特約 付与できるがん特約

解約返戻金抑制型入院保険の口コミ・評判

ただ、この「がん診断保険」には、「解約返戻金抑制型入院保険特約」を付与することができ、この特約をチョイスすることで、入院した際の給付金や、手術の際の給付金などが貰えるようになります。

プルデンシャル生命のがん特約付きがん診断保険のメリットは?

「がん診断保険」は、極めてシンプルかつ簡潔に作られた保険商品ですので、ほとんど面倒な計算が必要なく、感覚的にいくら給付されるのかがすぐに理解できる点に大きなメリットがあります。

プルデンシャル がん特約 メリット

考え違いや計算ミスで、入ると思っていた保険金が入らないというのは精神的にも経済的にも負担があるものですから、それを避けられるのは嬉しいところです。

また、がんと診断された際のケアにほぼ特化された保険ですから、他のがん保険と同時に加入しておくことで、入院治療などを主目的とした他のがん保険では手薄になっている部分をフォローすることが可能です。

プルデンシャル生命のがん特約付きがん診断保険のデメリットは?

反面、長引く治療や入院、手術といった状態が何度も行われることが想定されるがんという病気の実情をフォローするには、簡素過ぎる部分あるのも事実です。

プルデンシャル がん特約 デメリット

入院保険特約付与して、入院の際や手術の際の経済的負担をフォローすることもできますが、全体的な費用からすれば、ややパワー不足の感は否めません。

少なくとも、長期の難しい治療を想定した場合、この「がん診断保険」だけでは難しい面が多く、現実的には他の保険商品との連携が不可欠です。

また、プルデンシャル生命は外貨建てなどの資産運用型保険に強みを持つ会社であり、純粋な医療保険の分野は相対的に手薄かつ割高になっていることも認識しておく必要があります。

プルデンシャル生命のがん特約付きがん診断保険との付き合い方

ただ、やはり少々手薄でも、普段から付き合いがあったり、他の領域をカバーしようと保険を探している中で、がん診断特化した保険商品があるというのは魅力的です。

特に、保険金を外貨建てで動かしているような場合は比較的高い収益も見込めますので、その利益をがん診断の保険への加入という形で展開するのは、かなり賢い選択とも言えます。

プルデンシャル がん特約 付き合い方

今や多くの人が、がんにかかってしまうと言われていますが、診断時点で多額の給付金が得られる状況を作っておけば、起こりうるリスクを最小化できますし、健康診断にも積極的になれます。

そうした点からも、プルデンシャル生命の「がん診断保険」は、フォロー型のがん保険としては魅力があるとも言えます。

プルデンシャル生命のがん特約型保険のがん診断保険の今後は

誰にでもすぐ理解できるようなシンプルさで、がんと診断された段階で給付金を支払ってくれる「がん診断保険」は、多くの人にとって嬉しいものだと言えます。

プルデンシャル がん特約 今後は

なかなか診断に行きづらい人にも訴えられる内容ですが、やはり手薄というイメージあるのもまた事実です。

とは言えベースとなる保険を複雑にしては、せっかくの明快さが削がれてしまいます。

入院、手術、通院といった、がん治療にあたって不可欠になってくる様々な局面をフォローできる特約などをいかに用意できるかによって、今後、メイン型保険として活躍できるかどうかが左右されるのではないでしょうか。