Advertisements
Advertisements

チューリッヒで抗がん剤治療を保障する保険

チューリッヒ 抗がん剤 サムネイル

チューリッヒで抗がん剤治療を保障する保険について紹介をします。

いくつも存在する大病の中でも、がんと戦っていくのはとても大変なことです。

診断を受け、手術を受ければそれで終了とはならず、多くの場合は抗がん剤投与による治療が待っています。

また、抗がん剤は副作用などもさることながら、費用がとても高額なのもネックです。

しかし、チューリッヒが提供するガン治療保険、「終身ガン治療保険プレミアムDX」のプランの恩恵を受ければ、負担はかなり緩和されることにもなるでしょう。

チューリッヒが提供する抗がん剤治療にも対応した終身ガン治療保険プレミアムDXとは?

有名保険会社のチューリッヒでは、「終身ガン治療保険プレミアムDX」という商品を提供しています。

チューリッヒ 抗がん剤 終身ガン治療保険プレミアムDXとは?

これは、従来加入しているガン保険に「上乗せ」される性質を持っており、通常のガン保険が手術や入院といった局面に限定しているのに対し、抗がん剤治療や放射線治療など、いわゆる術後に必要になってくる治療へのケアもしっかりされているという特徴があります。

三十五歳女性で月額1,500円、五十歳男性で月額3,100円程度と、上乗せ型保険という部分はありますが、コスト的にも非常にお手頃で、フォロー範囲が極めて広いのが特徴です。

チューリッヒが提供する終身ガン治療保険の抗がん剤治療におけるメリットは?

「終身ガン治療保険プレミアムDX」は、その名の通り、生涯にわたってガンになってしまった時のリスク経済的負担対応できるように設計されています。

もっとも特徴的なのが、手術後、場合によっては手術前にも行われる抗がん剤治へのケアがなされている点です。

基本的に抗がん剤治療は、副作用が厳しいこともさることながら、希少な薬を大量に投与される関係から、経済的負担がかかるのが難点です。

また、追加投与やガンの再発といったことが起きた際は、急に治療費かかってしまうために、一時的な給付だけでは追いつかない難しさがあります。

チューリッヒ 抗がん剤 メリットは?

しかし、この保険の場合、ガンになってしまった月から起算して、月に10~30万円というまとまった額の給付があり、最大で2,000万円が支払われる形になっていますので、経済的な不安をかなり軽減することができます。

チューリッヒでは先進医療や自由診療の枠内である抗がん剤治療などもフォローされる

未だに多くの人が亡くなってしまうガンは、決して簡単な病気とは言えません。

そのため、普遍的な保険治療の枠内として認知されているもの以外の、先進的な治療をチョイスする必要が出てくることがあります。

また、ガン進行度難治性によっては、欧米などでは認められているものの、国内ではまだ認可されていない治療を、自由診療として行う必要出てくるかも知れません。

こうした治療は、効果が期待できるものの、ただでさえ高額な治療費がかかる中で、飛躍的医療コスト高めてしまうため、多くの人にとっては選択肢には入れられませんでした。

しかし、この「終身ガン保険プレミアムDX」に加入していれば、先進医療を受けた場合、同じ種類の療養であっても一度15万円支援金全体としては2,000万円保障が得られます。

チューリッヒ 抗がん剤 フォロー

自由診療の枠内で、所定の抗がん剤治療やホルモン剤治療を受けた場合は、基準となる月額給付の倍額(月20万円であれば40万円)が、12ヶ月にわたって給付されることになります。

チューリッヒの抗がん剤治療に適している終身ガン治療保険プレミアムDXのオプションは?

元々が、標準のガン治療に上乗せされるオプション的な意味合いも強い「終身ガン治療保険プレミアムDX」ですが、付加することができるオプションも非常に充実しています。

チューリッヒ 抗がん剤 オプションは?

ガンと診断された時に、以後の保険金の支払いが必要なくなる「悪性新生物保険料払込免除特約」、先進医療への保障を可能にする、「ガン先進医療特約」、ガンと診断された時点で50~100万円が給付される「ガン診断特約」、ガンの治療のために通院した時点で最大3万円の給付が発生する「ガン通院特約」など、病状に関わらず、極めて幅広い範囲がフォローされています。

また、ガンに関する入院や手術の際に給付される特約など、比較的スタンダードなものの他に、緩和治療の際に給付金が発生する「ガン緩和療養特約」、ガンと診断されたことのストレスを理由とした疾病と診断された際に、最大20万円の給付金が発生する「ガン診断後ストレス性疾病特約」もあります。

チューリッヒは抗がん剤の効果が見込めず余命宣告され本人が知らない場合でも対応

以上のように、まさに全体的な局面に対応している「終身ガン治療保険プレミアムDX」ですが、やはりガンは難病であるため、手を尽くしても容態が悪化し、患者となった本人の意識不明となってしまうことがあります。

また、本人にガンと告知できない場合もあります。

チューリッヒ 抗がん剤 本人が知らない場合

指定代理請求特約

このような状態に陥ってしまうと、多くの場合保険金給付の申告自体ができなくなるという厳しい状況に置かれてしまいますが、この保険に関しては、病状を家族のみが知っている場合や本人が意識不明の場合、「指定代理請求特約」のシステムを使うことで、保険金の給付を得ることができます。

本人が意思表示できないというのは深刻な容態であり「その後」のことが考慮せざるを得ないことを考えると、これはかなりありがたい仕組みだと言えるでしょう。

チューリッヒの抗がん剤治療や放射線治療に重きを置いたがん保険の展望

多くのところで、ガンはすぐに結果が出る病気ではなく、長く付き合っていく病気だと言われている昨今ですが、不幸にしてガンになってしまった患者本人や家族は、心理的にはもちろん経済的にも、長期間の闘病に耐え抜くのはなかなか難しい部分があります。

そうした中でこの「終身ガン治療保険プレミアムDX」のようなタイプの保険は、まさしくニーズ合致したものと言えるでしょう。

チューリッヒ 抗がん剤 がん保険の展望

少なくとも、ガンの特効薬が発明されるまではこうした保険は非常に重要なものになると思いますし、今後も人気を高めていくものと思われます。