Advertisements
Advertisements

プルデンシャル生命には解約ペナルティがある?

プルデンシャル 解約 ペナルティ サムネイル

プルデンシャル生命の保険解約ペナルティがどうなっているのか分からない人も多いです。

そこでプルデンシャルの解約ペナルティをすることで、どのようなデメリットが発生するのか紹介します。

またプルデンシャルを解約する時のどの手順がスムーズに行えるのか解説します。

プルデンシャルの解約ペナルティで加入側は特にないので安心

加入側がプルデンシャル生命の保険解約を実施する時に特別なペナルティが発生する訳ではないです。

ただこれまで支払ってきた保険料戻ってこなかったり、もし保険料が戻ってきた場合でも少額になってしまうというデメリットがあります。

ただしそこまで大きなデメリットになっていないので、加入側としてペナルティが少なくなっているのが特徴です。

プルデンシャル生命が提供している保険に納得することができなかった時は、速やかに解約しても問題ないです。

プルデンシャル 解約 ペナルティ 加入側は特にない

このような設定になっているので、人によってはプルデンシャル生命の保険を早期解約している人もいます。

プルデンシャル生命の保険解約ペナルティで保険担当者は大きなデメリット

プルデンシャル生命の保険解約ペナルティとして保険担当者に大きなペナルティ発生しています。

プルデンシャル生命では、契約してから二年以内解約されてしまった場合、保険担当者の契約継続率下がります。

プルデンシャル 解約 ペナルティ 保険担当者は大きなデメリット

そしてボーナス給料などに影響を及ぼし、多くのお金を獲得するのが難しくなってしまいます。

このようなデメリットが保険担当者に発生しているので、短期解約は引き止めにある確率が非常に高いのが特徴です。

少しでも給料や賞与が低くなる状況を避けるために保険担当者は早期解約対策として、引き止めなどの行動を行ってきます。

プルデンシャル生命は書類から解約をペナルティに関係なく行える

特に加入側はプルデンシャル生命の保険解約ペナルティを気にする必要はないので、今も解約をしている人はいます。

その方法として書類から手続きを行えるようになっており、簡単な流れになっているのが特徴です。

まずは保険担当者もしくはカスタマーサービスセンター連絡し、書類を届けてもらいます。

プルデンシャル 解約 ペナルティ 書類から解約

そして書類が届いたら必要項目入力していき、返送を行います。

そして解約手続きを完了することができれば、解約できます。

とても簡単な流れになっているので、初めて解約する人も困惑しないでプルデンシャル生命の保険を解約できています。

プルデンシャル生命は電話でも解約可能でペナルティを気にしない

プルデンシャル生命の保険を解約する時、電話でも解約手続き行えるようになっていて、特にペナルティは発生しないです。

プルデンシャル 解約 ペナルティ 電話でも解約可能

電話で解約する時は、まず保険担当者連絡することになります。

そして保険担当者が加入者の代わりに解約手続きを行っていき、請求内容の申し出を実施していきます。

そして解約手続きを完了できれば、無事に解約することが可能です。

書類で解約手続きを行うよりも手順が短くなっているのが特徴です。

また請求内容の申し出を実施する時、カスタマーサービスセンターから手続き内容の確認電話があるので、加入側はきちんと対応しなくてはいけません。

プルデンシャル生命の保険解約はペナルティの影響でカスタマーサービスセンターがスムーズ

保険担当者経由でプルデンシャル生命の保険解約手続きを行ってしまうとペナルティの影響で、引き止めにあう可能性高いです。

そこでカスタマーサービスセンター経由で実施すれば、保険担当者による引き止めにあわなくて済むので、スムーズに解約手続きを行えるようになります。

ただカスタマーサービスセンターに連絡する時は、証券番号がわかるものを準備しないとスムーズに解約手続きを行うことができないです。

プルデンシャル 解約 ペナルティ カスタマーサービスセンターがスムーズ

またカスタマーサービスセンターに連絡する時は、営業時間が設定されており、平日は9時から18時で土日は9時から17時に設定されているため、この時間帯に連絡しなくてはいけません。

保険担当者にプルデンシャル生命の保険解約ペナルティが発生しているのが特徴

加入側ペナルティ無く、プルデンシャル生命の保険解約ペナルティは保険担当者発生しています。

プルデンシャル 解約 ペナルティ 保険担当者

給料や賞与が下がるペナルティになっているので、早期解約しないように引き止めを行うケースが多いです。

そこで解約を考えている人はカスタマーサービスセンター経由で、解約手続きを行うことで保険担当者の引き止めにあわないで済み、スムーズに解約手続きを行うことができます。