Advertisements
Advertisements

オリックス生命の審査は厳しい?

オリックス生命 審査 厳しい サムネイル

オリックス生命の加入審査は厳しいという評判を聞きますが、実際に全ての保険において審査基準が高いわけではありません。

通販型の保険はリスク細分化しているので、誰の目から見ても明確なリスク管理をしているからこそいざという時に保険金が支払われています。

オリックス生命の加入審査が厳しいのは終身保険

オリックス生命の加入審査厳しい評判なのは、主に終身保険だと言われています。

なぜなら、加入期間長く終身保障謳うからこそ、長期間に渡るリスク管理求められます。

オリックス生命の終身保険は低解約返戻金型終身保険となっているので、短期払込完了型と終身払いの2種類が存在しています。

オリックス生命 審査 厳しい 終身保険

短期払込完了型の払込期間が終わる前に死亡すると、保険金が一気に支払われることになるので、その分保険会社としては厳しい死亡リスク管理をしなければなりません。

対面式の代理店受付を行う生命保険と比較して、通販型は書面審査が中心となるので厳しくなりがちです。

オリックス生命には審査が厳しい保険ばかりではない

オリックス生命は、審査が厳しい保険ばかりではありません

オリックス生命 審査 厳しい 厳しい保険ばかりではない

医療保険やがん保険については、無配当無解約返戻金型とすることで完全に掛け捨て型タイプなら、短期間で収支管理が出来るために告知事項の数をある程度に制限した加入受付可能です。

保険期間が一生涯のタイプとは異なり、一定の加入期間が決まっているのでリスク管理を細分化出来ます。

予め用意した質問事項に回答した上で問題が無ければ告知事項届け出のみで審査が可能な医療保険もあるわけです。

年齢や性別により健康診断書または人間ドックの診断結果提出が義務付けられることがあるので、必要に応じた審査を行えます。

オリックス生命はネット通販型だからこそ審査が厳しい

オリックス生命は、ネット通販型を採用しているために審査厳しいと考えられます。

オリックス生命 審査 厳しい ネット通販型

営業担当が対面式で加入促進を行う対面型の生命保険とは異なり、書面告知事項に対する回答により審査結果出すネット通販型では、統計データによるリスク細分化を徹底しているわけです。

顔色を営業担当が確認することが出来ない以上、条件を付けて部位不担保といった契約にする余地がありません。

提出された書類と健康診断書により可否どちらかを明確に決する必要があるわけです。

目視確認問診による加入可否判断出来ないからこそ、必然的に審査が厳しいと感じられてしまいます。

オリックス生命の審査が厳しいが通りやすいポイント

オリックス生命の厳しい審査通りやすくするためには、記入ミスを極力減らすことが大切です。

なぜなら、通販型の保険では提出された書類のみで審査することになるので、記入ミスが多い書類はそもそも審査対象から外れてしまうからです。

指定されたルールが守れないタイプの人は、健康面でもズボラだと考えられるので少なくともネット通販型の保険では記入ミスを減らすことが何より求められます。

オリックス生命 審査 厳しい 通りやすいポイント

記入データ送信する前1度チェック作業入れることが出来れば、矛盾点や誤りを減らせるので少なくとも誰にでも可能な審査落ち防ぐ方法と考えられます。

オリックス生命の審査が厳しいが通過するため人間ドック診断結果を用意する

オリックス生命の厳しい審査に通過するためには、コールセンター電話連絡した時に人間ドック診断結果持っていることを伝えてみると良いでしょう。

オリックス生命 審査 厳しい 人間ドック診断結果を用意する

なぜなら、すぐにでも人間ドック診断結果を提示出来るほど健康管理をしっかりしている加入希望者だと分かるので、告知事項書面提出補完することが可能だからです。

後から提出を求められるよりも、先に健康を自ら証明出来る書類提出を打診すれば、特記事項として審査書類加えてもらえます

なるべく最新の健康診断結果が出た時点での申込を行えば、信頼性が高い健康診断結果として取り扱ってもらえます。

オリックス生命の審査が特別厳しいわけではない

オリックス生命の審査が特別厳しいわけではなく、通販型の生命保険や医療保険は対面式とは異なり問診出来ないので引受可否明確になってしまうことが原因です。

オリックス生命 審査 厳しい 特別厳しいわけではない

対面式の保険ならば、部位不担保という方法で引受可能な場合であっても通販型の保険では提出された書面と告知事項だけで判定します。

健康診断結果提出は条件により求められた場合のみとなっています。