Advertisements
Advertisements

チューリッヒの自由診療対応の保険解説

チューリッヒ 自由診療 サムネイル

チューリッヒには、医療技術の進歩に伴い自由診療なら治療できるという状況に対応した保険が増えています。

保険診療と自由診療の違いを理解した上で最良の選択肢を選べる環境が整えば、安心して治療に専念出来ると考えて良いでしょう。

チューリッヒなら自由診療に必要な高額医療費に備えられる

チューリッヒなら自由診療に必要な高額医療費備えられる評判です。

チューリッヒ 自由診療 高額医療費に備えられる

なぜなら、一般的な医療保険やがん治療では、先進医療特約付けない限りは保険診療の範囲内でしか保険適用ならないからです。

また、海外で承認された特定の抗がん剤またはホルモン剤を使用する自由診療を選ぶと、保険診療との混在が出来ないために医療費自己負担額が急激に膨れ上がってしまいます。

そこで、身体に負担を掛けずに治療費に備えたいならば、最初から自由診療として全ての医療技術から自分で選んで治療出来る環境を揃えておけば、安心して入院治療に専念できます。

チューリッヒのがん保険は自由診療をカバーできる

チューリッヒがん保険ならば、自由診療カバー出来る保障内容となっています。

なぜなら、他のがん保険は死亡保障または入院保障を中心に考えられていて、先進医療特約で一部の医療技術を治療に用いることが出来る程度だからです。

既に海外では承認されている特定の抗がん剤またはホルモン剤を使えば治療効果が高いと分かっているなら、誰もが最初から最先端医療技術治療したいと考えるでしょう。

チューリッヒ 自由診療 カバーできる

自由診療の幅は広いので、先進医療を含む全ての医療技術から自分の治療方法を選択できるという選択肢を増やすこと自体に意味があります。

チューリッヒなら自由診療でがん治療の幅を広げられる

自由診療でがん治療の幅を広げたいならチューリッヒを選ぶと良いです。

なぜなら、がん治療の多くが手術と入院よりも、自由診療が中心となる抗がん剤放射線治療の方が治療期間長く医療費高額なりやすいからです。

保険診療の範囲内でも標準治療は出来ますが、身体にかかる負担が大きいものが多数残されているので入院期間が長くなりやすいという問題を抱えています。

日本国内ではまだ未承認であっても、自由診療ならば使用可能な薬が多くあることから、自己責任で使うことが可能です。

チューリッヒ 自由診療 がん治療の幅を広げる

チューリッヒの保険ならば、新薬が多い分野であっても自由診療までカバー出来るからこそ安心して治療を受けられます。

チューリッヒの終身がん治療保険プレミアムDXで自由診療対策

チューリッヒの終身がん治療保険プレミアムDXは、自由診療対策強いがん保険です。

チューリッヒ 自由診療 終身がん治療保険プレミアムDX

一般的ながん保険は、診断給付金・入院給付金・手術一時金による保険給付となります。

しかし、本当にお金が掛かり治療期間が長くなるのは、抗がん剤に治療と放射線治療による期間となるので、最初から自由診療部分多く給付金受け取れるタイプを選ぶトータル金額抑えられるでしょう。

主契約そのものを自由診療を意識した3タイプとすることにより、チューリッヒではがん治療の選択肢を増やしつつ総医療費削減に向けた方向で身体に負担が少ない自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療給付金を選んで使えるわけです。

チューリッヒの3大疾病保険プレミアムなら自由診療にも使える

チューリッヒの3大疾病保険プレミアムなら、がん保険同様に自由診療に対しても同一内容の保障を付けています。

チューリッヒ 自由診療 3大疾病保険プレミアム

がんだけでなく急性心筋梗塞脳卒中に対しても、海外で使われている最先端医療技術使えるので、日本国内での承認を待たずに自らの治療に採用可能です。

自由診療ホルモン剤治療だけでなく、心筋梗塞や脳卒中に対しても効果が認められている自由診療薬をすぐにでも取り寄せて使えるからこそ、後遺障害を残さずに早急な治療を行えます。

急性心筋梗塞・脳卒中については、治療をいかにして迅速に行うかにより、後遺障害有無程度決まるので重要です。

チューリッヒは自由診療に備えるプランが豊富

チューリッヒは、日本の保険診療が抱える混在診療不可という原則に立ち向かう方法として自由診療備えたプラン充実しています。

医療保険制度が整っていない国での医療体制を考慮して考案されているので、自由診療を積極的に治療の選択肢へ入れられるメリットは計り知れないでしょう。

チューリッヒ 自由診療 プランが豊富

なぜなら、医療技術は日々進歩していて、身体への負担が少ない治療方法が開発されているからです。