Advertisements
Advertisements

かんぽ生命の貸付制度と通知解説

かんぽ生命 貸付 通知 サムネイル

かんぽ生命の貸付制度を利用すると、ある日突然返済通知が届くことがあります。

驚いてかんぽ生命へ連絡すると、返済期限の通知だと分かりますが、なぜ返済通知が届くのか理由を知らずに貸付を受けている人が少なくありません。

かんぽ生命には契約者貸付制度に通知機能が付いている

かんぽ生命には、解約返戻金元手とした契約者貸付制度がありますが、通知機能付いているために家族にこっそり借りようとしてもバレてしまうことが珍しくありません。

かんぽ生命 貸付 通知 通知機能が付いている

背景として、かんぽ生命の契約者貸付1年間という短期間での返済を前提としており、延長申請を行ったとしても最長2年以内完済することになっています。

他の生命保険では、契約者貸付を利用しても利子を払っていれば比較的長期間借入しても大した問題となりません。

かんぽ生命では契約者貸付の金利が低くても貸付期間が短く限定的だという点に注意しなければなりません。

かんぽ生命なら契約者貸付の返済期限を通知で教えてくれる

かんぽ生命の契約者貸付は、返済期限通知教えてくれるので忘れてしまいがちな返済を思い出させてくれます。

かんぽ生命 貸付 通知 通知で教えてくれる

一般的な金銭消費貸借契約とは異なり、生命保険の契約者貸付は返済を毎月行う必要は無く、年度代わりのタイミングで利子を払えば本来元金返済まで行わなくても借りたままでいられる仕組みです。

なぜなら、払い込み済み保険料により生命保険を解約した際の返戻金範囲内で契約者貸付制度が運用されているからです。

かんぽ生命は、1年ごとにしっかり精算を行うことにしているので、借りたままという状態よりも契約者貸付はあくまでも短期間融資と考えています。

かんぽ生命は貸付期間が短く最長2年以内のため通知が届く

かんぽ生命の契約者貸付制度は、貸付期間が最長2年以内と短く、精算必要になるため通知が届きます。

2年を経過して借り続けることは出来ず、借り換えを行う際には審査必要になります。

かんぽ生命 貸付 通知 最長2年以内のため通知が届く

本人が必要書類として保険証券・身分証明書・印鑑という3点を提示して自ら手続きすることが基本となり、代理人による貸付を受ける際には委任状が別途必要です。

長期間の貸付としないことで、本人が死去した際の相続に影響を与えないように工夫されています。

また、年率2.5%という低金利融資を行っているので、多重債務とならないよう借りすぎを防ぐために返済期限通知しています。

かんぽ生命から来る契約者貸付の通知は重要連絡

かんぽ生命から通知が届いたら、契約者貸付重要連絡である可能性考慮する必要があります。

かんぽ生命からの借入期間は原則1年となっていて、延長申請を行ってようやく2年という限度になりますが、利息支払いを行って延長申請が出来る回数が1年後の1回だけと考えておくと良いです。

返済せずに滞納状態続いてしまうと、保険サービスが受けられなくなって強制解約となるリスクが含まれます。

かんぽ生命からの通知は、毎月返済を必要としないからこそ忘れがちな返済期限を明確にする意図で発送されているわけです。

かんぽ生命 貸付 通知 重要連絡

通知が届いた時点で、1度かんぽ生命連絡してみると良いでしょう。

かんぽ生命の契約者貸付を利用する際は独自の通知機能を知っておきたい

契約者貸付を利用する際は、かんぽ生命独自の通知機能の存在を知っておくことが大切です。

一般的な金銭消費貸借契約とは異なり、1年後に元金と利息を纏めて返済すれば良いだけでなく、1年間借入期間延長する際には1年間の利息を支払い延長申請を行えば問題ありません。

最長2年までしか続けて借入が出来ないからこそ、再度借入を行うかどうかの判断と共に借りすぎ防ぐ意図があります。

払い込み済み契約に切り替えるか、一旦完済した上で再度借入をするか長い目で決めることが大切です。

かんぽ生命 貸付 通知 通知機能を知っておきたい

かんぽ生命ならば、身近な郵便局で手続き出来ることから、全国津々浦々で広く利用されています。

かんぽ生命には貸付制度と通知機能の両方がある

かんぽ生命には、契約者貸付制度があるだけでなく返済忘れ発生させないために通知機能用意されています。

かんぽ生命 貸付 通知 両方がある

忘れた頃に返済期限を迎える可能性が高いかんぽ生命の契約者貸付制度は、返済期限が原則1年であって延長申請をしても最長2年迄に限られている制度です。

2年を超えての借入が出来ないからこそ、通知制度で滞納状態陥らない工夫が行われています。