Advertisements
Advertisements

日本生命のがん保険で上皮内新生物の保障

日本生命 がん保険 上皮内新生物 サムネイル

日本生命のがん保険は、上皮内新生物での保障を付けられることで有名です。

定期型と終身型の両方が存在しますが、おなじ癌であっても上皮内新生物と悪性新生物では保障内容を変えています。

では、なぜ上皮内新生物には別の保険が必要となるのでしょうか。

日本生命のがん保険は上皮内新生物に対しても一時金を受け取れる

日本生命がん保険は、単体でのがん保険を取り扱っていない特徴があります。

他の終身保険や定期型生命保険に対してがん医療保険という特約付けることが出来るので、癌と診断された時に受け取り可能な一時金入院給付金という形で保障を受けられるわけです。

基本となる生命保険契約が必要になるか、3大疾病をまとめて保障する医療保険への加入どちらかを行います。

日本生命 がん保険 上皮内新生物 一時金を受け取れる

なぜなら、がん保険に対して求める保障内容は、上皮内新生物に対して一時金を受け取れる日本生命のがん保険にとって他社と差別化出来る分野となっているからです。

単体のがん保険を提供しないことが、上皮内新生物に対しても保険料次第で対処可能となります。

日本生命のがん保険なら上皮内新生物への保障内容も選べる

日本生命のがん保険ならば、上皮内新生物見つかった時に受け取れる保障内容を最初から選んで組み合わせことが可能です。

医療保険だけに加入していたとしても、手術を行えばほぼ100%切除して完治可能な上皮内新生物は、基底膜の外側のみに発生している癌にすぎません。

5年生存率が90%を割り込む各種悪性新生物とは異なり、上皮内新生物は基底膜への浸潤が無いために転移の心配がありません。

日本生命 がん保険 上皮内新生物 保障内容も選べる

癌のステージ0期とも呼ばれていることからも、上皮内新生物は手術費用が安いためにそもそも保障内容をそこまで手厚くすべきか保険料との兼ね合いで難しい選択となるわけです。

日本生命のがん保険なら上皮内新生物が見つかった時も対応出来る

上皮内新生物見つかった時には、日本生命のがん保険ならば多くの場合でがん医療保険特約によりカバーされています。

日本生命 がん保険 上皮内新生物 上皮内新生物が見つかった時

上皮内新生物は、基底膜への浸潤が認められない癌に対して早期の手術を行い完治するために必要な保険額が算定されている状態です。

日本生命のがん保険は、単体での提供が行われていないために基本保障となる医療保険や生命保険でカバー可能な悪性新生物とは異なり、上皮内新生物に対する保障を積み上げるために設定します。

保障内容として悪性新生物の時に受け取れる一時金10%想定しているので、実際にかかる医療費を考えると妥当な線です。

日本生命のがん保険は組み合わせて上皮内新生物への保障を厚く出来る

日本生命のがん保険は、組み合わせ次第で上皮内新生物への保障内容定期的コントロール出来ます

日本生命 がん保険 上皮内新生物 保障を厚く出来る

生命保険にがん医療保険特約を追加すると、最初から加入している生命保険の内容に上乗せする形でがん医療保険特約の適用を受けられるわけです。

上皮内新生物に対する一時金の額が10%であっても、倍率設定により等倍5倍10倍保障の中から選んだ倍率により受取可能保障金額変わります。

ベースとなる保険契約の内容がどのようになっていて、上皮内新生物に対する保障がどの程度カバーされているのか確認した上でがん医療保険特約不足するだけ付けれ保険料とのバランス取れます

日本生命のがん保険は上皮内新生物対策のために終身保険化しよう

日本生命のがん保険は、定期型と終身型の生命保険やい3大疾病対策医療保険に対して、3年毎更新基準日定期から終身型保険切り替えられます。

日本生命 がん保険 上皮内新生物 終身保険化しよう

大半の生命保険は定期から終身型への切り替えに対して制限を設けていますが、日本生命については切り替えも可能です。

更に更新時の健康状態関係なく保障内容同額以下ならば定期型から終身型への切り替え出来る点も日本生命ならではです。

がん医療保険特約という形式を採用しているからこそ、更新時に内容を変更しやすい仕様となっているので、ライフステージに合わせてがん保険の特約内容を自由に切り替え出来ます。

日本生命のがん保険なら上皮内新生物対策に使いやすい

日本生命のがん保険ならば、上皮内新生物対策として既存の生命保険にがん医療保険特約として付加出来ます

上皮内新生物に対しては悪性新生物とは異なり手術により完全除去が出来るので、必要な手術費用さえ賄えれば良いと考えられるわけです。

日本生命 がん保険 上皮内新生物 上皮内新生物対策に使いやすい

保障内容をしっかり把握した上で、ベースとなる生命保険の保障内容に追加する形で必要な保証額をがん医療保険特約として付加する方法ならば無駄がありません。