Advertisements
Advertisements

かんぽ生命は通院も保障される?

かんぽ生命 通院 サムネイル

かんぽ生命には通院の保障があるのでしょうか?一般的に医療保険は入院か手術に対する保障が前提であり、通院のみの場合は保障の対象になりません。

かんぽ生命の医療特約にも通院の保障はありません。

かんぽ生命の医療特約で保障されることと保障されないことについて、違いを見てみましょう。

かんぽ生命は通院も保障される?|医療保険の保障

医療保険はケガや病気に備える保険です。

一般的には、一定日以上の入院に対して給付される「入院給付金」と所定の手術を受けた際に給付される「手術給付金」の保障が前提となっています。

通院のみの場合は保障の対象にはならず、通院保障を受けるには基本契約に通院特約を付加する必要があります。

かんぽ生命 通院 医療保険の保障

多くの医療保険は「基本契約+特約」で組み立てられいます。

保険のベースとなる基本契約に加えて、特約で気になる保障を手厚くする方法です。

通院特約を付加すると、ケガや病気によって入院し、退院後も通院する必要がある場合に保障の対象となりますが、通常の通院は対象となりません。

かんぽ生命は通院も保障される?|医療保険の通院保障

医療保険の通院保障は、特約の内容により退院後通院限度日数異なります。ニーズに合わせて設定できる通院特約も増えていて、上限日数を必要に応じて変更できる場合があります。

しかし、退院後の通院かつ限度日数以内であれば無条件に保障対象になるとは限りません。

かんぽ生命 通院 医療保険の通院保障

多くの場合、通院保障が適用されるのは退院してから一定期間限られているため、注意必要です。

通院保障には退院後の日数制限がある場合が多いですが、入院日数については制限が設けられていないケースがあります。

近年は医療技術の進歩によって日帰りで手術が済ませられる症例が増えたため、日帰り入院であっても、退院後の通院保障が適用されることが多いです。

かんぽ生命は通院も保障される?|かんぽ生命の医療特約

かんぽ生命医療特約には、不慮の事故でのケガによる入院・手術に備えられる「無配当傷害医療特約」、病気や不慮の事故でのケガによる入院・手術に備えられる「無配当総合医療特約」があります。

かんぽ生命 通院 かんぽ生命の医療特約

無配当傷害医療特約

医療特約単体では加入できず、基本契約である終身保険・定期保険・学資保険・養老保険などに付加する形で加入できます。

「無配当傷害医療特約」「無配当総合医療特約」は入院・手術・放射線治療を受けた場合に入院保険金手術保険金放射線治療保険金給付されます。

入院初期保険金は加入時に給付の有無を選択できます。

いずれの医療特約にも通院保障はなく、通院保険金給付されません

かんぽ生命は通院も保障される?|かんぽ生命の医療特約で保障されること

かんぽ生命の「無配当傷害医療特約」「無配当総合医療特約」で保障されるのは、入院手術放射線治療です。

所定の条件により、入院保険金・手術保険金・放射線治療保険金・入院初期保険金が給付されます。

無配当先進医療特約」は先進医療保障します。

かんぽ生命 通院 かんぽ生命の医療特約で保障されること

「無配当総合医療特約」と併せて基本契約に付加すると、厚生労働大臣が定める先進医療に該当する療養を受けた時、先進医療保険金給付されます。

「無配当災害特約」は不慮の事故でのケガにより死亡した時、または所定の身体障がいになった時、特約保険金が給付されます。

「引受基準緩和型無配当総合医療特約」は健康に不安のある人でも加入しやすいですが、保険料は割高になっています。

かんぽ生命は通院も保障される?|かんぽ生命の医療特約で保障されないこと

かんぽ生命の「無配当傷害医療特約」「無配当総合医療特約」の手術保険金では、創傷処理皮膚切開術などは給付対象にはなりません

放射線治療保険金では、放射線治療保険金が支払われる最終の放射線治療を受けた日からその日を含めて60日以内に受けた放射線治療は給付の対象にはなりません。

無配当先進医療特約」では、診察・投薬・入院料など、公的医療保険制度における保険給付対象となる費用含まれません

かんぽ生命 通院 かんぽ生命の医療特約で保障されないこと

治療方法や症例によっては、先進医療に該当しない場合もあるので、治療を受ける前に医療機関に確認するのが良いでしょう。

また、民間の保険会社の医療保険でよく扱われている通院特約三大疾病特約女性疾病特約などはありません

かんぽ生命は通院も保障される?|まとめ

医療保険はケガや病気に備える保険で、一般的には入院手術保障前提となっています。

かんぽ生命 通院 まとめ

通院のみの場合は保障の対象にはならず、通院特約を付加する必要があります。

通院特約は入退院後も通院する必要がある場合に保障の対象となります。

かんぽ生命の医療特約は基本的に入院・手術・放射線治療が保障の対象となっています。

通院保障はありませんが、先進医療保障や死亡または身体障がいに対する保障などを付加することが可能です。