Advertisements
Advertisements

かんぽ生命は喘息でも加入できる?

かんぽ生命 喘息 サムネイル

かんぽ生命に加入するためには、喘息があっても大丈夫か心配になるでしょう。

なぜなら、喘息は時に死亡原因ともなる重篤な発作を起こす可能性があるからです。

では、かんぽ生命の保険へ加入する条件として喘息はどのような影響があるのでしょうか。

かんぽ生命は喘息の告知義務がある

かんぽ生命では、喘息の持病がある場合には告知義務により事前に申告しておく必要があります。

なぜなら、医師の審査が必要ないタイプの生命保険となっているので、リスク判断を行うために既往症持病については詳細に保険会社伝える義務あるからです。

喘息は、アレルギーを始めとする原因により気管支が収縮することで呼気を吐けなくなる病気となります。

かんぽ生命 喘息 告知義務がある

気管支炎は呼気を吸えなくなる症状ですから、喘息と一見すると似ていますが症状が真逆です。

喘息は時折発作的な症状を起こすことがあり、処置を適切にしなければ呼吸困難で死亡する可能性があります。

かんぽ生命の一般保険には喘息では加入が難しい

かんぽ生命の一般保険には、死亡リスクがある喘息持病ある加入難しいと考えられます。

他の健康状態が極めて良好な場合に限り、呼吸器と肺に関わる疾患のみ保険不担保とすることで例外的に加入できる可能性はあります。

しかし、大半が持病として喘息を申告した時点で、かんぽ生命への加入を断られる可能性が高いと知っておくと良いでしょう。

かんぽ生命 喘息 加入が難しい

かんぽ生命では、医師の診断を必要としない代わりに、持病対して審査厳し目行う傾向あるので喘息の持病があると高リスクな人という扱いになりがちです。

喘息の持病が無い人と比較して、死亡リスク高いことは誰の目から見ても明らかです。

かんぽ生命の引受基準緩和型保険を喘息なら考えよう

喘息の持病があるなら、かんぽ生命の引受基準緩和型保険考える良いです。

かんぽにおまかせ」という保険商品名にてかんぽ生命は引受基準緩和型保険を展開しており、3つの質問に該当しなければ審査対象となります。

かんぽ生命 喘息 引受基準緩和型保険を考えよう

また、先進医療特約を付帯出来るようになったので、いざ重病になった際には先進医療を選んでも懐がさほど痛まない状況を作り出せるでしょう。

公的健康保険では先進医療の費用が対象外となるので、標準治療では完治が難しい場合や身体への負担が大きく異なるなら、先進医療特約付けておいてありません

治療の選択肢を広げる方法として注目されています。

かんぽ生命に加入する前に喘息の取扱を調べよう

かんぽ生命に加入する前には、喘息がどの保険商品に対して告知義務に寄る審査落ち起こしやすいのか確認してみると良いです。

一般保険では喘息の持病だけでなく既往症であっても、死亡リスクが高まるために保険料割増となる引受基準緩和型保険以外加入難しいでしょう。

かんぽ生命 喘息 喘息の取扱を調べよう

例外的に喘息の持病があっても加入が認められるのは、健康状態が良いと医師の診断書を提出出来るだけでなく、喘息については部位不担保の契約にしなければ一般保険への加入は困難になります。

引受基準緩和型保険ならば、最初から保険料を割増としているので、多少の保険金支払いがあってもすぐに補償してもらえます。

かんぽ生命なら喘息があっても医療特約を付けられる保険がある

喘息の持病があっても、かんぽ生命ならば引受基準緩和型保険により生命保険や医療保険への加入が出来ます。

引受基準緩和型保険は、保険料が割増されているものの持病悪化しても保障される点がメリットです。

また、医療特約として先進医療特約選択すれば、公的健康保険適用外となる先進医療受けることが出来ます

かんぽ生命 喘息 医療特約を付けられる保険がある

医療特約の内容をじっくり吟味した上で加入すれば、喘息の持病があるから生命保険は諦めていたという人でも加入出来るメリットが大きいでしょう。

かんぽ生命ならば、健康に不安がある人であっても医師の診察を必要とせずに条件次第では加入可能でず。

かんぽ生命では喘息を告知すれば加入できる保険を用意している

かんぽ生命では、喘息告知すれば加入出来る保険として、引受基準緩和型保険の「かんぽにおまかせ」があります。

かんぽ生命 喘息 加入できる保険を用意

引受基準緩和型保険は、保険料を割増する代わりに健康に関する3つの質問に答えて該当しなければ販売可能としているわけです。

喘息が告知義務対象であることは変わりなく、保険内容を健康リスクに不安がある人でも加入しやすい基準まで引き下げた保険商品を用意しています。