Advertisements
Advertisements

グロームス腫瘍は医療保険で保障される?

グロームス腫瘍 医療保険

グロームス腫瘍は医療保険で保障されるのでしょうか。

指先に出来るグロームス腫瘍は、良性腫瘍という診断が行われるので医療保険で保障されることがあると知らない人が少なくありません。

医療保険の中でも最新の医療保険ならば、悪性新生物だけでなく良性腫瘍や上皮内新生物であってもカバー出来るものがあります。

グロームス腫瘍は医療保険でカバーされるのか

グロームス腫瘍 医療保険 手術

グロームス腫瘍は、化学受容体である傍神経節が発生源とされている良性腫瘍です

良性腫瘍は医療保険の保障対象外と考えがちですが、手術を行って除去するという点において手術給付金の対象となる医療保険が少なくありません。

かつては良性腫瘍について手術給付金の対象外であった医療保険であっても、引受条件緩和型無選択型保険といった複数の医療保険が登場することで、保険商品ごとに差別化が行われました。

グロームス腫瘍は、血流に富んだ良性腫瘍として手術により良性腫瘍細胞ごと残さず切除する必要があるので、投薬では完治せずに手術が必要です。

グロームス腫瘍も医療保険で良性腫瘍も対象となれば適用出来る

グロームス腫瘍 医療保険 医者

医療保険が良性腫瘍も対象としているタイプならば、グロームス腫瘍にも適用出来ます。

指先の爪下に出来ることが多いため、切除手術を行った際には必ずしも入院を必要とせずに日帰り手術が一般的です。

そこで、入院給付金の対象となることがほとんど無いために手術給付金のみを受け取れるかが医療保険選択の分かれ目となります。

腫瘍には良性と悪性があるだけでなく、悪性新生物と上皮内新生物という違いもあるので、全てが同じ条件で治療が行われるとは限りません。

グロームス腫瘍は良性腫瘍であって、神経を圧迫して痺れや痛みを伴うことがあるので、医学的見地から手術による切除が必要と判断されれば医療保険の適用対象となるわけです。

グロームス腫瘍は医療保険に対応しているか保障内容を問い合わせて確認

グロームス腫瘍 医療保険 問い合わせ

医療保険の保障内容は、保険会社ごとに免責事項の範囲が異なるので、必ずしも良性腫瘍であるグロームス腫瘍に対して手術給付金が出るとは限りません。

医療保険の保障内容を保険会社に問い合わせて、医師からグロームス腫瘍と診断されて手術が必要だと言われたものの手術給付金の対象となるのか確認しておくと良いです。

既に手術を受けた場合であっても、加入している医療保険の請求期限に間に合えば後から請求することも可能です。

医療保険は払込保険料と保障内容について保険会社が設定する自由度が高いので、良性腫瘍の取扱も保険会社ごとに違いがあります。

グロームス腫瘍を医療保険で保障出来る範囲はどこまでか

グロームス腫瘍 医療保険 考える

グロームス腫瘍と診断された際に、医療保険で保障出来る範囲内がどこまでか確認しておけば、加入している医療保険の保障内容を具体的に掴みやすくなります。

グロームス腫瘍は、部位にもよりますが日帰り手術が出来るケースが大半を占めるので診断給付金と手術給付金を受け取れる可能性があります。

入院給付金については実際に数日入院しない限りは免責事項となるため、1日の入院から保障されるケースは保険料が跳ね上がるため少ないです。

グロームス腫瘍と診断された時の診断給付金有無と、手術給付金を良性腫瘍でも受け取り出来るかという点を確認しておけば問題ありません。

グロームス腫瘍が医療保険の適用対象に含まれるか事前に確認しよう

グロームス腫瘍 医療保険 診断書

医療保険の適用対象にグロームス腫瘍が含まれるかどうかは、良性腫瘍に対しても手術給付金が受け取れるかという点で判断可能です。

腫瘍の性質に関係なく手術を行ったことに対して手術給付金が受け取れるタイプの医療保険ならば、医師の診断書に応じて手術給付金の額が変わるもののグロームス腫瘍が含まれることは間違いありません。

医療保険の適用対象は、加入している医療保険の種類と保険会社の考え方次第で免責事項の範囲が大きく異なります。

悪性新生物のみが保障対象となるがん保険とは異なり、医療保険は手術や入院に対しての給付金が中心となる点で違います。

グロームス腫瘍は医療保険の手術給付金のみ保障される

グロームス腫瘍 医療保険 まとめ

グロームス腫瘍は、日帰り手術が行えるケースが多いので手術給付金のみを医療保険で受け取れる可能性があります。

実際に手術給付金がグロームス腫瘍の切除手術に対して支給されるかどうかは、良性腫瘍に対する保障が含まれているか確認すると良いです。

良性腫瘍であっても手術給付金が受け取れる保障内容になっていれば、グロームス腫瘍であっても医療保険で保障されます。