Advertisements
Advertisements

バイク保険おすすめの会社は?250cc用、充実の補償内容3選

バイク 保険 おすすめ 250 サムネイル

バイク保険おすすめの会社は?250cc用、補償内容について紹介をします。

バイクの任意保険ってどれを選べば良いのか悩ましいところですよね。

絶対条件として対物対人は無制限(限度額無し)にして下さい。

バイクも含めた自動車保険に入る最大の理由はこれだからです。

逆に言えば対物対人無制限の任意保険であれば、後はあなたに合わせた保証内容と値段で決めて大丈夫です。

今回の記事がバイクという素晴らしい世界に初めて足を踏み入れるあなたの参考になれば幸いです

バイク保険おすすめはアクサダイレクト!その理由3選 250cc版!

結論から言わせて頂きます。

バイク保険アクサダイレクトさんを強くお勧めします

バイク 保険 おすすめ 250 アクサダイレクト

その理由を3つに分けて説明します!

1 充実のロードサービス!出先の故障を考えるならアクサダイレクトで決まり!

アクサダイレクトのプレミアムロードサービスは非常に優秀です。

何といってもネットワークがとにかく広いです!

山道で故障してしまった、、なんて時も2.30分でレッカーが到着します。

レッカー運搬50キロまで無料です。

ここは他社に少し劣りますが、指定の工場であれば、距離は無制限であるということ。

そして何よりも、出先からの帰宅費用又は宿泊費用、そして修理を終えたバイクを引き取りに行く際の交通費を両方負担してくれる手厚さ!これ、電車やバスだけだと思っていませんか?
実はタクシー代も負担してくれます。

5万円までならば宿泊しようとタクシーで帰ろうと、全部負担してくれます。

バイクが故障してしまった、事故を起こしてしまった、そんな気分が落ち込んでいる時にタクシーを利用して帰れるのはとてもありがたいですよ。

2 インターネット契約割引の金額が大きい!

結論を言うと、値段抑えたい場合は、インターネット契約一択です。

代理店で加入してしまうと手数料やらが加算されて割高になります。

私は代理店の保険も利用した事がありますが、どちらも対応は迅速ですし、24時間いつでもレッカー呼べます!それならば値段が安い方が良いですよね。

あらかじめ言っておきますが自分はアクサさんの回し者じゃありませんよ!笑。

アクサは他社比べてインターネット割引金額高めに設定されています。

ですので、結果的にアクサの保険料が安い傾向にあります。

たたし、初年度新規でバイク保険を契約される場合はどんなに安くしようと頑張っても15万円くらいは覚悟しておいて下さい。

特にあなたが21歳未満だった場合は更に保険料上がります。

因みに私の場合、19歳の時に買った250ccのバイクの保険料は最も安い金額で17万程でした。

ですので、バイクを購入する際は保険料だけでそれくらい飛ぶという事を想定して選ぶと良いですよ。

3 細かいとこまでカバーしてくれる!

ガス欠バッテリー上がりサポート

出先の事故や故障以外で自走が出来なくなる理由は大体この2つです。

ガス欠、バッテリー上がり。

この場合、保険会社によってはレッカー代が自費だったりします。

しかしアクサダイレクトなら保険適用期間中1回までレッカー代が無料です。

ガス欠ならば、最寄りのガソリンスタンドまで。

バッテリー上がりならエンジンがかかる程度までの充電をそれぞれ無料で対応してくれます。

また、2年目以降継続契約の場合、プラスでなんとガソリン10リットルまでアクサ負担するという充実っぷり。

バイクに慣れないうちは意外にガス欠ってやってしまうんですよね。

車種によっては燃料計が付いていないものもあります。

慣れてくると自分のバイクの燃費が体で解ってきますので、そろそろ給油しとこうとなるんですがね、、、因みに2年目以降の継続契約の場合は何故か家の鍵のインキーにも対応してくれます。

使った事はありませんが無いよりは心強いですね。

アクサダイレクトのバイク保険は超おすすめ!それに加入する際に必要なもの250cc版!

初めてのバイク保険の契約をする場合アクサダイレクトさんに限った事ではありませんが、必要書類として(免許証)(軽自動車届出済証)が必要になります。

バイク 保険 おすすめ 250 加入する際に必要なもの

軽自動車届出済証

ごっちゃになり易い「車検証」と「軽自動車届済証」なのですが、250ccのバイクの場合、車検が無いので必要ありません。

必要なのは免許証と軽自動車届済証の2点のみです!

もし、過去バイク保険契約している場合は、その保険証別途必要になります。

ですので、多くても3枚の書類で契約する事ができます。

アクサダイレクトの場合、ネット申し込みで、ナンバーや車台番号、型式番号などを記載する枠があるので、その書類を見ながら入力します。

手続きが済んだら必要書類のコピーを返信用封筒に入れて提出するといった流れです。

番外!バイクは窃盗犯に狙われる!ZuttoRide盗難保険は、超おすすめ!250ccのバイクを守る、盤石の布陣を築こう!

250ccのバイクは車に比べて非常に軽いため、男3人くらい居れば簡単に持ち上がってしまい、そのまま車で持ち去られる危険があります。

その為、盗難件数は非常な多いのが現状です。

また、そうなってしまった場合、バイクが原型を留めて戻ってくるのは非常に厳しいのが現実です。

しかし、実はバイク任意保険のだけだと、盗難に対する備えが出来ないんですよね。

アクサダイレクトも含めて、基本的に交通事故に対する保険なのです。

盗難は交通事故には分類されません。

ですので、盗難保険に入る場合、完全に盗難保険専門保険会社Zutto Rideさん契約する必要があります。

バイク 保険 おすすめ 250 ZuttoRide盗難保険

今現在、この会社以外にバイクの盗難保険を扱っている会社はありません。

料金バイク車両価格で決まります。

例えば250ccのバイクで車両価格が40万円の場合、40万円の補償プランで年間1万5000円程です。

盗難にあった場合、補償金額が保険金として支払われますので、次のバイクを買う事が出来ます。

消して払えない金額ではありせんので、是非入る事をおすすめします!

アクサダイレクトバイク保険はおすすめ!そのメリットとは、250cc版

バイク保険に限った話ではありませんが、はやり事故を起こしてしまった際の対物対人無制限保証が最大のメリットでしょう

万が一人を跳ねてしまった場合、バイクでも殺傷力は十分です。

もし、死なせてしまった場合1億2億損害賠償なんてザラです。

あなたはそんな大金を払えますか?私は少なくとも払えません。

一生かかってやっと払えるか払えないからの額ですね。

そうならない為に任意保険に加入する必要があるのです。

そう考えると年間17万円も安い気がしませんか?

自分のバイクの使用状況に合わせて様々なプランが設定できる

実はアクサのバイク保険には様々な特約(オプション)があります。

中でも、もらい事故を起こした際に、弁護士費用300万円まで負担してくれる、弁護士費用特約年間2000円程付帯出来るので、おすすめです。

あなたに一切過失の無い、完全なもらい事故の場合、あなた側の保険会社が交渉をする事は法律で禁止されています。

ですので、通常ではあなた自身相手側保険会社賠償金について交渉しなければならないのです。

考えたくはありませんが、あなたが保険に対して素人である事を逆手にとって、賠償金を安く見積もられたりされかねません。

何より、交渉の時間を割くのだって一苦労ですよね。

そんな時こそ弁護士費用特約の出番です!

あなたに代わり、プロである弁護士交渉をしてくれます。

バイク 保険 おすすめ 250 そのメリット

ですので、賠償金を安く見積もられる事もありません!

アクサダイレクトバイク保険はおすすめだけど、デメリットもある!その250cc版

全体的に割高

これはアクサダイレクトだけの話ではありませんが、バイク保険は残念ながら自動車保険比べて圧倒的に高価です。

それは覚悟しておきましょう。

バイクは事故を起こした際のリスクが車よりも高いのは事実です。

また、バイク保険全体の加入数も少ないので、自ずと割高になってしまいます。

バイクに乗ってる人への補償が薄い

基本的に事故によって生じたあなた自身の怪我は補償の対象外です。

バイク 保険 おすすめ 250 デメリットもある

それを補償する人身傷害特約というものもあるのですが、バイク保険の場合、それを付帯させると、目ん玉が飛び出る様な保険料になってしまいます。

大体保険料にプラスで6.7万上乗せされます。

もし払えるならば絶対付帯させておく事をオススメします!

バイクだって事故を起こせば非常に危険な凶器になる!保険加入はおすすめを通り越して、絶対に入るべきもの!250ccだって例外じゃない!

たしかに決して安くない保険料です。

でも、それだけバイクというものは事故を起こした際のリスク高い乗り物なのです。

もちろん、安全運転を心がければ、安心して快適に乗れる素晴らしい乗り物でもあります。

バイク 保険 おすすめ 250 保険加入はおすすめを通り越して、絶対に入るべきもの

しかし、車幅などを気にしなくても良いので、車に比べると圧倒的にスピードを出し易く、悲惨な事故が後を絶たないのです。

ですので、保険にはしっかり加入する一方で、事故を起こさない、安全な運転を心がけましょう!