Advertisements
Advertisements

医療保険で妊娠告知は必要?

医療保険 妊娠 告知

医療保険で妊娠の告知は必須となっています。

早産や帝王切開などのリスクと切り離せない妊娠ですから医療保険に入って万が一に備えたいと考える女性は多いでしょう。

しかし妊娠して27~28週目を過ぎると医療保険に加入することが難しくなります。

入れる場合でも保障条件に制限が付いたりと不利な契約を結ぶことに。

この記事では妊娠した女性が医療保険に申し込む際に注意すべきことを解説しています。

なるべく早く保険に加入するなど具体的な対策法も紹介していますから、妊娠中の入院・手術の保障について必要なことが分かります。

医療保険で妊娠告知は必要?医療保険に入るには妊娠の告知が必要だが告知とは何か?

医療保険 妊娠 告知 申し込み

医療保険の多くは加入申し込み者の健康状態を現在から過去にさかのぼって正確に把握する必要があります。

そのための仕組みが「告知」です。

ちゃんと法律にも記載があるんですよ。

告知では「これまでの病歴」「現在の健康状態」を保険会社に伝えます。

具体的には保険会社が用意した告知書の記入と医師から渡された健康診断書を提出によって告知を行います。

告知した内容に不備があると保険契約の後でも告知義務違反となり、契約が無効になったり、契約条件を強制的に変更されたりします。

保障もまず受けられなくなりますから告知は正確に行うよう心がけましょう。

医療保険で妊娠告知は必要?医療保険の告知義務に妊娠も含まれる理由

医療保険 妊娠 告知 妊婦

自身の健康状態について保険会社に告知する必要性は分かりましたが、妊娠もその対象に含まれるのでしょうか?

意外ですが、妊娠も医療保険に加入する際に告知しなければならない内容のひとつに含まれます。

妊娠中には様々な健康リスクがあり、医療機関で治療を受ける機会が増えます。

例えば帝王切開が分かりやすい例でしょう、手術と6~10日ほどの入院が必要になります。

また悪阻、早産、そして何より出産など高確率で何かしらの医療行為にかかるのが間違いありません。

他の加入者に比べ著しく保障を受ける可能性が高いので、医療保険の公平負担の原則に反します。

そのため保険会社は妊娠している女性の加入申し込みを謝絶したり、条件付きの契約にするなど対策をする必要があります。

妊娠は告知が必須となっているのはこのためです。

医療保険で妊娠告知は必要?医療保険の告知義務を守っても妊娠期間によっては保険に加入できないことがある

医療保険 妊娠 告知 契約

妊娠中だからこそ母体の安全のために医療保険に入っておきたいと考えるのは当然です。

妊娠中の女性でも医療保険に加入することはできますが、様々な条件があるので注意が必要です。

保険会社は女性が妊娠何ヶ月目かによって、申し込みを断ることがあります。

条件は保険会社によって異なりますが多くは妊娠27~28週目で、それ以降となると加入は難しいです。

そのため妊娠が分かったら、できるだけ早く医療保険に申し込むのが重要になります。

しかし妊娠中に加入するには特定の条件を提示されることも少なくありません。

具体的にどんな条件を付けられるのでしょうか?

医療保険で妊娠告知は必要?医療保険の告知義務を守っても妊娠中に加入すると不利な点が多い

医療保険 妊娠 告知 吐き気

妊娠中は様々な理由で病院にかかることが増えます。

そのため契約時にすでに起きる分かっている医療行為に関しては保障の対象外になります。

例えば出産に関連する病気と子宮部位に関わる病気については保険対象外としているのが一般的です。

この他にも妊娠中に加入することで次の医療行為が保障されなくなります。

  • 帝王切開
  • 流産
  • 子宮外妊娠
  • 早産
  • 前置胎盤
  • ひどいつわり
  • 妊娠中毒症

これらは全て通常の医療保険であれば保障対象となるものです。

妊娠後の医療保険への加入が不利であることが分かりますね。

早めに加入しておきたい医療保険ですが、告知した後に妊娠が分かったケースはどうなるのでしょう?

医療保険で妊娠告知は必要?医療保険契約後に妊娠が発覚すると告知義務違反になることがある

医療保険 妊娠 告知 告知義務違反

妊娠してから医療保険に加入するのは保障の面で不利になりますから少しでも早く契約したいところです。

しかし契約時の告知を済ませた後で妊娠が発覚したらどうなるのでしょうか?

重要なのは妊娠が判明したのが保険契約を結んだ前か後かということです。

告知を済ませた後でも契約をする前に妊娠していることが分かったら即刻告知しなければなりません。

逆に契約後に発覚したのであれば告知の必要は無く、告知義務違反にもなりません。

告知義務違反となると当然保障は受けられません

保険が強制解約となると支払った保険料も返ってきませんから、契約前であれば告知を忘れないようにしてください。

医療保険で妊娠告知は必要?妊娠する前に医療保険に入れば妊娠の告知は無用で保障も手厚い!

医療保険 妊娠 告知 まとめ

妊娠中に医療保険に加入するのは保障の面でデメリットが目立ちます。

特に妊娠後に心配になる出産や帝王切開などに対する手術および入院費用が給付されないのは問題です。

また、妊娠28週目を過ぎてからの医療保険の加入は不可能ではありませんが保障や保険料を考えるとメリットは小さいでしょう。

妊娠を機に医療保険の加入や変更したいと考えているなら、早めに変更手続きを済ませるのがおすすめです。

妊娠が判明した後では遅いですよ。