Advertisements
Advertisements

生命保険の唾液検査解説

生命保険 唾液検査 サムネイル

生命保険へ加入する際に唾液検査を含むタイプがあることは、非喫煙者にとって優しい生命保険だと分かります。

なぜなら、喫煙者と非喫煙者では健康に対する意識に大きな隔たりがあるので、年齢が同じだからといって保険料が同じとは考えにくいからです。

生命保険の唾液検査はコチニン検出目的

生命保険非喫煙者割引を受けるためには、体内ニコチンを取り入れていないか確認する必要があります。

生命保険 唾液検査 コチニン検出目的

体内に入ったニコチンは、解毒作用により分解されてコチニンという紛らわしい名前の成分に変わりますが、少なくとも2週間経過しても1/64程度唾液内残留するので唾液検査発見しやすいわけです。

生命保険会社の中でも非喫煙者割引を行う保険会社は、長期間唾液に残留するコチニンを検出する目的で大きな綿棒を保険会社のスタッフの前で口内に含み唾液を採取する方法で検査に出します。

本人確認と健康状態を確認する意味合いもあるので、本当に非喫煙者なら受けて損はありません。

生命保険で唾液検査を行うと割引率が拡大する

生命保険加入時に唾液検査を行うと、非喫煙者割引を受けることが出来るので、健康状態良好ならば標準状態と比較して割引率相乗効果期待可能です。

生命保険 唾液検査 割引率が拡大する

なぜなら、生命保険には死亡給付金と入院給付金の両方がありますが、健康状態が良い人の方が病気がちな人よりも死亡率が低そうなことは誰にでも想像出来るからです。

健康リスクを細分化して保険料に反映しているからこそ、生命保険安く加入出来るキッカケとなります。

標準体型かつ非喫煙者ならば、肥満の喫煙者よりも健康に気を遣っていると想定され、健康リスクが低く保険料を下げても良いと考えられるわけです。

生命保険の非喫煙者料率は唾液検査が必須

生命保険の非喫煙者料率は、唾液検査が必須となる理由として、自己申告だけでは残念ながら喫煙習慣の有無を確認出来ないからです。

生命保険 唾液検査 唾液検査が必須

喫煙直後やヘビースモーカーならば、近寄るだけでキツイ臭いですぐに分かりますが、自宅でしか吸わない1日数本タイプの人を見分けることは出来ません

しかし、唾液検査ならばタールやニコチンといった喫煙本数が少ない人であっても、過去の喫煙有無をニコチンが分解されて出来るコチニンの量により判別可能です。

唾液検査ならば本人の唾液だと確認出来るだけで済むので、比較的すぐに検査結果が出る点も導入しやすいポイントです。

生命保険で唾液検査で割引出来るメットライフ生命保険

唾液検査で非喫煙者料率を適用可能なメットライフ生命保険では、過去2年間に喫煙習慣が無いことを告知事項として申告することで、唾液検査を受けて証明されると割引受けられます

定期保険として販売されているスーパー定期保険は、健康状態に合わせて4つのクラスに分けて保険料が決められていますが、最も割引率が高いファーストクラスには唾液検査を義務付けている状態です。

生命保険 唾液検査 メットライフ生命保険

過去2年の喫煙経験に加えて、血圧の最高値と最低値、身長・体重比を考慮した上で健康優良体に限りファーストクラス認定を受けられます。

非喫煙者・血圧が正常値・太っていないことによりスタンダードクラスの半額以下の保険料で同じ保障を受けられるわけです。

生命保険の唾液検査はT&Dフィナンシャル生命が楽

生命保険加入時の唾液検査を行っているT&Dフィナンシャル生命では、健康状態に応じて3つのクラスに料金体系を分けています。

生命保険 唾液検査 T&Dフィナンシャル生命

非喫煙者健康体保険料率健康体保険料率標準体保険料率と3段階に分けるための基準の1つとして、過去1年以内の喫煙習慣有無を申告した上で非喫煙者を証明するたに唾液検査行うわけです。

唾液コチニン測定法と呼ばれる方法で非喫煙者であることを証明すれば、割引率を引き上げた保険料で加入出来るので受けられる保障内容に違いはありません。

禁煙期間も1年以上ならば良いという条件となっているので、2年以上の非喫煙期間を掲げる保険会社よりも条件は緩いです。

生命保険で唾液検査が必要なのは非喫煙者に優しい

唾液検査が必要な生命保険は、健康リスクが少なく健康気を遣っている人に対して優しい生命保険となっています。

生命保険 唾液検査 非喫煙者に優しい

肥満・血圧・喫煙習慣という健康リスクを測る上でシンプルな要素をクリアするだけで生命保険加入料率を割引出来るなら、唾液検査を受けてみようと考える人も多いでしょう。

しかし、禁煙を開始した人については、必ずしもすぐに非喫煙者料率が適用出来るわけではない点に注意しなければなりません。