Advertisements
Advertisements

生命保険 不成立の理由

生命保険 不成立 理由 サムネイル

生命保険が不成立になる理由は、4つあります。

  1. 病歴や手術歴など、健康状態にリスクがある場合。
  2. 肥満や妊娠中など、身体的リスクがある場合。
  3. レーサーや格闘家など、危険な職業に従事している場合。
  4. 反社会勢力に属している場合です。

生命保険の不成立とは、保険会社からリスクが高いと判断され、保険契約を引き受けてもらえないこと。

生命保険の不成立は、別名、謝絶とも言われています。

今回は、生命保険が不成立になる理由について、解説しましょう。

一般的な生命保険に入れない場合、引受基準緩和型や無告知型を選択する方法もあります。

引受基準緩和型と無告知型についても説明します。

生命保険 不成立の理由|病歴と健康状態

生命保険は、総合扶助のシステムで成立しているため、加入者のリスクを同レベルにしておかなければなりません。

そのため、既に病気掛かっている方は、保険金を支払うリスクが高いと判断され、生命保険が不成立なってしまいます。

では、どのような病歴や健康状態の時に、不成立となるのでしょうか。

各保険会社によって、詳細な条件異なるため、一般論として紹介しましょう。

生命保険 不成立 理由 病歴と健康状態

まず、過去5年以内に入院・手術をしたことがある場合、不成立となる可能性があります。

基本的には、生命保険に加入できないと考えて下さい。

但し、傷病名や入院期間、退院後の経過年月次第では、生命保険に加入できる場合もあるようです。

次に、病気治療中投薬中状態場合不成立となる可能性があります。

病気療養中だけではなく、投薬中の場合も、保険会社から高リスクと判断されるケースがあるのです。

但し、薬の種類数値の状態によっては、加入できる場合あります

例えば、高血圧症と診断されていても、数値や薬によっては加入できる可能性があるのです。

生命保険 不成立の理由|身体的リスク

保険会社は、加入者から申込みがあった場合、必ず審査をおこなっています。

加入者は、保険会社に対して、自分自身の健康状態や身体的リスクを告知しなければなりません。

生命保険が不成立となる、身体的リスクには、どのようなものがあるのでしょうか。

主なリスクを、2つ紹介しましょう。

身体的リスクの1つ目は、体型です。

生命保険の告知書には、身長体重記入する項目があります。

保険会社では、身長と体重のバランスが適正範囲かどうかを、審査しているのです。

もし、適正範囲を超えた場合、不健康と判断し、不成立となるかもしれません。

体型については、肥満だけではなく、やせすぎも不成立となる可能性があります。

身体的リスクの2つ目は、妊娠中場合です。

生命保険 不成立 理由 身体的リスク

妊娠中の加入の可否については、保険会社によって異なるため、注意しておきましょう。

妊娠何週目までは、条件なし加入できるケースあるそうです。

また、加入できたとしても、妊娠出産に関する病気の場合は保障されない場合あります。

場合によっては、出産後に、生命保険への加入を検討しても良いでしょう。

生命保険 不成立の理由|危険な職業と反社会勢力

生命保険が不成立となる理由には、危険職業に従事していたり、反社会勢力属していたりするケースあげられます。

危険を伴う職業の場合、保険金を支払うリスクが高くなるため、生命保険が不成立となるのです。

危険な職業としては、テストドライバー高所作業多い仕事があげられます。

生命保険 不成立 理由 危険な職業と反社会勢力

その他、漁船など海で作業する仕事格闘家騎手競輪選手競艇選手などもあります。

保険会社によって、加入条件や保険金の制限金額などが異なるため、確認しておきましょう。

反社会勢力属している方も、生命保険は不成立となります。

保険会社は、保険金や給付金の不正受給、生命保険の悪用を回避しなければなりません。

契約中に、反社会勢力に属していることが分かった場合、生命保険を解除される可能性があります。

生命保険 不成立の理由|引受基準緩和型でクリアーする方法

一般的な生命保険が不成立になった場合引受基準緩和型加入する方法があります。

引受基準緩和型とは、持病や病歴がある方も加入することができる保険のこと。

引受基準緩和型は、別名、限定告知型とも言われています。

病歴や持病のある方も、一定の条件をクリアーしていれば、生命保険に加入できるのです。

引受基準緩和型は、健康告知の項目がシンプルになっています。

生命保険 不成立 理由 引受基準緩和型

3~5項目クリアーすれば、加入することができるのです。

但し、保険の加入条件は、保険会社によって異なっているため、注意しておきましょう。

引受基準緩和型の保険料は、一般的な保険に比べると高く設定されています。

加入を検討する場合は、保障される金額と保険料のバランスを確認しておいて下さい。

生命保険 不成立の理由|無告知型でクリアーする方法

健康状態にリスクのある方が加入できる保険には、無告知型の保険もあります。
無告知型は、無選択型とも言われています。

生命保険 不成立 理由 無告知型

無告知型は、一般的な生命保険や引受基準緩和型と違って、健康告知必要ありません

持病など、健康状態にリスクのある方も、生命保険に加入することができるのです。

但し、無告知型の保険料は、一般的な生命保険や引受基準緩和型に比べると、割高となっています。

また、保障内容についても、持病に関しては保障されない、といった条件あるのです。

無告知型の加入を検討する場合も、保険料と保障内容のバランスを確認しておきましょう。

保障内容に関しては、一般的な生命保険や引受基準緩和型の方が、安心できる内容となっています。

無告知型は、最終的手段として、考えておいた方が良いでしょう。

生命保険 不成立の理由|クリアーするための注意ポイント

生命保険が不成立になる理由、引受基準緩和型や無告知型について紹介しました。

生命保険の不成立クリアーするための注意点を2つ紹介します。

1つは、生命保険が不成立にならないよう、告知書の書き方に注意して下さい。

生命保険に加入する時、告知義務と言って、正直健康告知をしなければなりません。

もし、告知義務違反をした場合はペナルティが課せられます。

1つでも該当する項目があれば、詳しく丁寧に書きましょう。

もし、告知書を適当に記入した場合、情報が少なくなるため、保険会社は高リスクと判断し、不成立となる可能性があるのです。

保険会社から不成立とされないためには、告知書を正確に丁寧に書くことが大切です。

もう1つは、持病や病歴がある場合、まず、一般的な生命保険の加入を検討して下さい。

実は、生命保険が不成立になる理由は、保険会社によって異なります。

持病病歴内容状態次第では、加入できるケースもあるのです。

保険料割増等の条件が付く場合もありますが、一般的な生命保険に加入できる可能性もあります。

生命保険 不成立 理由 注意ポイント

保険会社専門家相談してみても良いでしょう。