Advertisements
Advertisements

生命保険の既得権解説

生命保険 既得権 サムネイル

生命保険には既得権と呼ばれる独特な方法があると知られています。

なぜなら、他の保険とは異なり生命保険は長期間加入することが多いので、健康状態が変わった時に解約して入り直すことは勿体無いと加入者と生命保険会社双方が考えているからです。

生命保険には既得権がある

生命保険に長く加入していると、契約内容を途中で変えられる既得権あることに気が付きます。

生命保険 既得権 既得権がある

最初は知らなくても、解約返戻金を使って他社の生命保険へ入り直すよりも、契約内容を転換と呼ばれる方法で変更すれば条件が悪くならずに生命保険を続けられるわけです。

生命保険は長期間加入する間に貯蓄性が高い性質から、解約返戻金が多くなる傾向にあります。

既に払い込んだ保険料総額原資として、保障内容やプランを最新型の生命保険へ切り替えることが転換呼ばれるものです。

中でも今までの保障内容と同等の契約を転換後の生命保険でも得られる点が魅力です。

持病を抱えていたら生命保険の既得権を利用しよう

生命保険の既得権は、加入時には抱えていなかった持病を長い加入期間発症してしまった時有効です。

生命保険 既得権 既得権を利用しよう

なぜなら、既得権を利用することにより、例えば糖尿病を発症した時に今後は糖尿病については不担保として別の保障内容へ転換出来ます。

入院日額10,000円という保障内容が付帯しているならば、既得権を使って同じ入院日額10,000円という保証内容維持しつつ適用対象範囲転換手続きにより変更して同条件生命保険切り替えることが可能です。

一旦解約して再度入り直すよりも、年間払込保険料を抑えられる点が魅力的です。

生命保険で既得権を行使した転換なら入り直さなくて済む

既得権を行使した生命保険の転換手続きならば、他社の生命保険へ入り直すために一旦解約を行い新規加入審査受ける必要ありません

既得権により保障内容を維持しつつ生命保険の転換を行えば、転換に伴う生命保険の下取り価格が解約返戻金よりも高く設定されているために、払込保険料の割に保障内容が良くなります。

最初から他社の生命保険へ乗り換えることを前提としていないならば、解約返戻金を基にした他社への新規加入よりも既得権を行使した生命保険の転換の方が遥かに条件が良いと分かるでしょう。

生命保険 既得権 転換なら入り直さなくて済む

既に払い込んだ保険料無駄ならないメリットがあります。

生命保険の既得権を使って定期から終身型へ切り替える

生命保険の既得権を最も有効に使えるパターンとして、定期から終身型への切り替えがあります。

生命保険 既得権 定期から終身型へ切り替える

生命保険の中には定期型と終身型の2種類あるので、定期型が10年単位での契約更新が必要になる生命保険に対して、終身型ならば更新は必要な時だけ行えば良い程度です。

定期型の生命保険へ加入していて、次の更新時期に健康状態チェックで引っ掛かる可能性があるならば、先に既得権を使って終身型へ切り替えてしまう方法があります。

既得権を使った生命保険の転換ならば、健康状態審査緩いためにスムーズに定期型から終身型への切り替えが可能です。

なぜ生命保険の既得権を使うのかじっくり考えよう

生命保険の転換保険外交員から勧められた場合には、既得権を無理に使う必要があるのかじっくり確認する必要があります。

生命保険 既得権 じっくり考えよう

なぜなら、生命保険契約の中でも既得権を使った転換は専門用語が多数出てきて分かりにくいので、自分から進んで既得権を使った生命保険の転換を模索する場合を除いて手を出すと失敗しやすいからです。

生命保険は、加入年数が長いほど貯蓄性が高くなるので、解約返戻金の額も加入年数が多いほど積み増し額が大きく増えます。

保障内容を維持しつつ最新の生命保険へ切り替えるという意味合いが無い限りは、生命保険の転換が必ず必要とは限りません。

生命保険は入り直すより既得権を使って組み直す

生命保険加入年数長いほど解約返戻金多くなるので、他社生命保険へどうしても加入し直す必要がある場合を除いて、既得権を使った転換有効方法です。

生命保険 既得権 既得権を使って組み直す

予定利率の変更に伴い現在では保障内容条件を同じとすることは出来ないものの、既得権を使った生命保険の転換ならば、新たな契約内容が不利にならないよう確認しながら契約を結べば良いでしょう。