Advertisements
Advertisements

生命保険の審査で肝機能数値どこまで許容?

生命保険 審査 肝機能 サムネイル

生命保険の審査を受ける際には、肝機能数値の申告が必要になることがあります。

医療保険よりも厳しい審査基準が適用される生命保険では、どのような数値ならば加入が認められるのでしょうか。

肝機能障害に至る手前の要経過観察状態であっても加入できる基準について調べておく必要があります。

生命保険の審査に肝機能障害が影響する

生命保険審査には、肝機能障害があれば告知義務として申告をしなければなりません

生命保険 審査 肝機能 肝機能障害が影響する

実際に審査を受ける前に健康診断受診することなるので、既往歴を隠してもすぐに数値受診歴から保険会社にはバレてしまいます

生命保険は長期間に渡る保障期間を特徴としていて、健康な人だけが加入出来る一般的な生命保険と健康に多少不安があっても今現在は健康な人が入れる引受基準緩和型生命保険があります。

どちらの生命保険へ加入する場合であっても、肝機能障害があれば完治の宣言がされていても5年以内に入院歴や手術歴があると加入を断られる可能性が高いです。

生命保険の審査で肝機能障害に至っていなければ健康管理次第

生命保険の審査で肝機能障害至っていないならば、現在の健康管理次第審査通過出来る可能性があります。

肝機能は突然悪化するものではなく、日頃の生活習慣や肝臓がんの発症により徐々に機能が低下しがちです。

肝臓は解毒作用を持つ臓器として人間が生きる上で欠かせないものですから、肝機能の数値が悪い人はそのまま健康に問題があるという判断をされても不思議ではありません。

肝臓機能血液検査により、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPという3つ数値把握出来ます。

生命保険 審査 肝機能 健康管理次第

中でも飲酒を行うと数値が上がりやすいのがγ-GTPであって、アルコールを解毒する作用により肝臓を酷使しすぎると数値が上昇することが知られています。

生命保険審査が肝機能の数値が及ぼす目安とは

肝機能の数値が生命保険審査及ぼす目安は、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPそれぞれ異なります。

アルコールを始めとする毒物を解毒する負荷が高いとγ-GTPが増加し、51以上で要経過観察・101以上で医療機関への受診が必要です。

生命保険 審査 肝機能 及ぼす目安とは

生命保険の中には120未満ならば加入審査に通過できる場合がありますが、100未満を求めている保険会社も存在するくらいです。

GOTとGPTは、幹細胞が何らかの原因により体内で壊れた時に数値が増加するので、31以上で要経過観察・51以上で医療機関への受診が求められます。

生命保険への加入審査時には60未満が求められますが、必ずしも50台だからといって通過できるとは限りません。

生命保険の審査で肝機能の数値が要経過観察ならば保険会社次第

肝機能の数値が要経過観察ならば、生命保険の審査は保険会社による健康判断次第となります。

健康かどうかの境目は、目に見えるものでは無いために生命保険会社では、独自のリスク管理を行うことで独自の審査基準を設けているわけです。

払込保険料をなるべく抑えつつ最大限の保障を提示するためには、最初からある程度健康管理をしっかり行っている人だけ加入審査通す必要があります。

生命保険 審査 肝機能 審査は保険会社次第

5年以内の入院・手術歴有無と2年以内の通院・治療状況の告知義務は、生命保険加入後の保険金受取時の審査にも影響を及ぼす重大なものだと知っておくと良いです。

生命保険と医療保険では審査時の肝機能数値に違いがある

生命保険医療保険では、加入審査時の肝機能数値に違いを求めている保険会社が少なくありません。

生命保険 審査 肝機能 肝機能数値に違いがある

なぜなら、医療保険については入院給付金と手術給付金が主な保障内容ですから、告知義務の範囲内で部位不担保とすることが出来るからです。

生命保険の主契約は死亡保障となっているので、最初から死亡リスク高い加入希望者については引き受け拒否を行うことがあります。

引受基準緩和型生命保険ならば、ある程度の猶予を認めることがあるものの、肝機能数値としてどこまでを許容するのか保険会社も難しい判断を行っているわけです。

過去の膨大な加入者データに基づいて、保険会社ごとに肝機能数値による審査基準を設けているので、生命保険の審査では特に肝機能数値について厳しい判断が行われやすいです。

生命保険の審査を受ける前に肝機能数値をチェックしよう

生命保険の審査を受ける前には、肝機能数値をチェックした上で予め審査通過出来そう保険会社探しておく必要があります。

生命保険 審査 肝機能 チェックしよう

肝臓機能が低下すると、内服薬の効き目にも違いが出てしまうので、加入後に保険金支払い事案が発生するリスクが高くなりかねません。

生命保険は最初から審査基準を厳しくすることで大きな保障内容を受けられるので、健康管理の一環として肝機能数値を確認しておくと良いです。