Advertisements
Advertisements

生命保険で自費診療まで保障する保険解説

生命保険 自費診療 サムネイル

生命保険に加入していても自費診療を選べるとは限りません。

なぜなら、生命保険の特約でカバー出来る保障内容は、先進医療の範囲に限られることが多いからです。

このため、先進医療と自費診療のち外を理解することが何より先決です。

生命保険で自費診療までカバー出来る保険は少ない

生命保険に加入していれば全ての入院をカバー出来るわけではなく、自費診療まで保障内容含まれる保険少ないです。

生命保険 自費診療 カバー出来る保険は少ない

なぜなら、医療保険制度が充実している日本国内では、保険診療と先進医療・自費診療が明確に区別されているので、多額の費用がかかる自費診療まで生命保険でカバーすると払込保険料が高額になりやすいからです。

このため、入院給付金手術一時金については、病気の内容に合わせて実費負担ではなく一律で支給される給付金している生命保険があります。

生命保険の主保障はあくまでも死亡保障であって、入院給付金や手術一時金については付帯保障に過ぎない点を忘れてはなりません。

がん治療では生命保険で自費診療を支えられると助かる

がん治療では、生命保険により自費診療までカバーしてもらえると治療方法を幅広い中から選択出来るメリットがあります。

がん治療は医療技術の進歩に伴い保険診療外となる先進医療や日本国内ではまだ未承認となっている自費診療の範囲まで広がっている状況です。

いかにして身体に負担を掛けずにがん治療を行うかという点は、がん患者にとって辛い治療を行う際の選択肢の数に影響します。

全ての日本国民が資産家というわけでは無いので、生命保険でカバー出来る範囲が広ければ助かると考えても不思議ではありません。

生命保険 自費診療 がん治療

生命保険でカバー出来る範囲を確認しておくことは、実際に自費診療が必要になった時に良かったという安心感を得られます。

生命保険でカバー可能な自費診療と先進医療の違いを知ろう

生命保険カバー可能保障範囲は、保険診療先進医療のみという保険が大半を占めます。

自費診療と先進医療を同じものと考えてしまうと、いざ保険金を受け取ろうとした時点で対象外となりかねません。

先進医療は、保険診療の範囲外であってもこれから保険診療に含めようと検討されている範囲内の治療方法であって、保険診療との併用可能です。

生命保険 自費診療 自費診療と先進医療の違い

一方、自費診療は日本国内では未承認の治療方法であって、海外では既に実績がある最先端の治療方法を含みますが、自費診療を選択すると保険診療と併用したとしても健康保険適用対象外となり全ての治療が自己負担となります。

生命保険の特約で自費診療をカバーしたいなら三井住友海上あいおい生命

生命保険の特約で自費診療をカバーしたいなら、三井住友海上あいおい生命を選択すると良いです。

生命保険 自費診療 三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命 先進医療特約

医療保険にも強いからこそ、生命保険の基本保障に加えて先進医療特約付けることで自費診療範囲までを広くカバー出来る総合的な保険に仕上げることが出来ます。

自費診療の全てをカバー出来る所まで保障内容を広げると、保険料が極めて高額となってしまうので、生命保険に特約を付けるか別途医療保険を追加するかという判断が求められるでしょう。

三井住友海上あいおい生命ならば、生命保険と医療保険の両方を取り扱っているために、組み合わせた総合的な保険を組み立てることが出来ます。

生命保険で自費診療を視野に入れた損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

自費診療を視野に入れた生命保険が必要なら、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命を候補に入れると良いです。

生命保険 自費診療 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

先進医療に加えて臓器移植などの自費診療についても保障内容として特約によるカバー出来るので、何としても長生きをしたいと考えている人に向いています。

医療保険と生命保険の垣根を超えて特約を付けることによる保障範囲の広さを拡大出来るからこそ、予めカバーしておきたい自費診療についても事前に検討可能です。

生命保険の主契約は死亡保障ですが、死亡保険金を支払うことになるよりも自費診療まで広げて治療費をカバーすることで、総合的な保険金支払い率を管理する仕組みが採用されています。

生命保険で自費診療まで保障内容を増やせる所は少ない

生命保険へ加入する際には、自費診療まで保障内容が含まれているかどうかの確認をしておく必要があります。

生命保険 自費診療 保障内容を増やせる所は少ない

なぜなら、先進医療特約はあくまでも先進医療のみを本来の保障内容としているので、自費診療については保障対象外としている生命保険多いからです。

先進医療と自費診療の境界線を明確にしておき、自費診療であってもカバー出来る生命保険を用意しておけば安心できます。