Advertisements
Advertisements

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?

生前贈与 生命保険 前納 サムネイル

「生前贈与に生命保険を利用する時に前納してはいけない」このような注意点があることをご存知でしょうか?生前贈与を現金で行わず、生命保険を利用することで様々なメリットがあります。

そして保険料の支払い方は、全期前納や一時払いをせずに、月払いや年払いにした方が節税になります。

生前贈与に生命保険を利用する際のメリットや注意点について調べてみました。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|前納以外の支払方法で利用するってどういうこと?

生前贈与とは、生きている内子供に現金等を贈与することですね。

この贈与の方法として生命保険利用することで、節税対策など大きなメリットあると言われています。

生前贈与に生命保険を利用するというのは、要は現金を生命保険に代えるということです。

生前贈与 生命保険 前納 生命保険を利用

生命保険の被保険者生前贈与したい親にして契約者受取人にします。

保険料は、親から子へ贈与し、そこから契約者である子の口座から保険料を前納ではなく、分割で支払うというシステムですね。

「そんなややこしいことをしないで、普通に贈与すればいいのでは?」という疑問があると思いますが、このような仕組みにすることで大きなメリットがあります。

簡単に言えば、税金対策になるということです。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|相続税対策になる

生前贈与に生命保険利用する大きなメリット相続税対策になるということですね。

日本の相続税は、相続税の対象となる財産にもよりますが、極めて税率が高いと言われています。

そして、相続税は現金払いが基本ですから、相続税が払えなくて土地や建物を売らなければならないという事態も想定できます。

このような場合に生前贈与することで、相続財産は当然減ります。

「でも、贈与にも税金がかかりますよね?」

生前贈与 生命保険 前納 相続税対策になる

と思うかもしれませんが、基本的には年間110万円までの贈与無税ですから、税金がかかる可能性は少ないです。

ただし、前納などの支払方法で保険料を支払うと110万円を超える可能性があるので注意が必要です。

このような形にすれば、相続財産を減らしながら、税金を払わずに子に贈与をすることができるというのが大きなメリットです。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|贈与税がかからないようにするためには年払いや月払いがオススメ

生前贈与で生命保険を利用する時に生命保険の支払い方法として、年間110万円以下にした方が良いですね。

年間110万円の贈与は無税だからです。

となると、支払方法は全期前納や一時払いではなく、年払い月払い利用した方が良いですね。

生前贈与 生命保険 前納 年払いや月払いがオススメ

全期前納で支払えば、贈与額が年間で110万円を超える可能性が高いからです。

注意というか、覚悟しておきたいのが、年間110万円以下生前贈与を受けていても、場合よって定額贈与とみなされ、税金がかかる場合あるということです。

ただ、それでも相続税よりは安くなるはずですので、それほど気にする必要ないかと思います。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|すぐに現金が手に入る

生命保険を利用することで、被保険者死亡した時現金受け取ることができるので、ありがたいですね。

生前贈与 生命保険 前納 すぐに現金が手に入る

土地や建物があって相続税がかかるけれど、支払う現金がないなどという場合も想定できますからね。

そのような時に、生命保険の受取をすることができれば、それを相続税支払い回すこともできますから、土地や建物を売らずに済むかもしれません。

また、一般的には支払った金額よりも多くの保険金が支払われることが多いので受取金額が大きくなります。

また、生命保険の受取額は相続財産ではないので、相続放棄をしても受け取ることができるというメリットもあります。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|子や孫に無駄遣いをさせない

子や孫に生前贈与をしたくても、急にお金が入ると、子ならまだしも、年齢若い孫無駄遣いをする危険性高いです。

生前贈与 生命保険 前納 子や孫に無駄遣いをさせない

子や孫のためを想って、生前贈与で現金を贈与したのに、お金の使い方を知らない若輩者が、急に現金を手にして無駄遣いをしてそれに慣れてしまうことで子や孫が質素な生活を出来なくなる可能性があり、極端なことを言えば子や孫に生前贈与をしたことで、子や孫の人生狂わしてしまう危険性あるわけです。

もしもそうなってしまったら…辛いですよね。

このような場合に、生命保険を利用することで、子や孫が現金を手にすることが難しくなるので便利ですね。

生前贈与に生命保険は前納してはいけない?|生命保険を活用することはデメリットよりもメリットが大きい

生前贈与生命保険活用することでたくさんのメリットがあるという話でした。

簡単に言えば、現金預金で置いておき、相続税が科されるよりも生前贈与で保険金を支払っていた時に科される所得税の方が安いということですね。

ただし、贈与税の年間110万円の壁があるので、前納ではなく月払いや年払いがオススメです。

ただ、これもケースバイケースですから確実に生前贈与に生命保険を利用した方が得とは言いにくいところがあります。

生前贈与 生命保険 前納 メリットが大きい

基本的には、相続財産が高いほど税率が高くなり、この税率30%越えるようならこのような方法を活用することで節税対策になります。

他にも、子供無駄遣いさせないなど様々なメリットがあるので、ぜひ、活用することをオススメします!