Advertisements
Advertisements

チューリッヒのセカンドオピニオンサービス解説

チューリッヒ セカンドオピニオン サムネイル

チューリッヒ生命に加入しているならセカンドオピニオンサービスについて聞いたことがある人が多いでしょう。

メディカルサポートの一貫として特定条件を満たしている人ならば、無料で利用できることから最適な治療方法を常に選択できる手段として好評です。

チューリッヒならセカンドオピニオンを積極的に受けられる

チューリッヒ生命が提供しているセカンドオピニオンサービスは、医師から勧められた治療方法が自分にとって本当に最良の選択肢なのか不安なった時に、名医から別途診断受けられるサービスです。

チューリッヒ セカンドオピニオン 積極的に受けられる

主治医と治療方法について必ずしも意見が一致するとは限らないことが、情報化社会の中では検索システムを利用して個人でも医学情報を手軽に入手出来るようになったことが背景にあります。

チューリッヒとしても納得した上で最良の治療方法を選択出来れば、保険金として支払う金額抑制にも繋がるという考え方です。

なぜなら、セカンドオピニオンを担当する医師は、各専門分野実績ある権威ばかりだからです。

チューリッヒのセカンドオピニオンはメディカルサポートに含まれる

チューリッヒのセカンドオピニオンサービスは、メディカルサポートサービス一貫として行われています。

チューリッヒ セカンドオピニオン メディカルサポートに含まれる

メディカルサポートとは、チューリッヒ生命に加入している人がガンを始めとする大病を患ったり、健康や介護に不安を感じたりした時に心のサポートだけでなくセカンドオピニオンサービスを通じて治療方針が本当に合っているのか確認する役割も果たしています。

ガン専用メンタルケアサービス・健康・介護相談サービス・セカンドオピニオンサービスという3つの異なるサポートを提供することで、単に保険は入りっぱなしという状態を避けることが可能です。

チューリッヒでセカンドオピニオンを利用する条件とは

チューリッヒでセカンドオピニオンサービスを受けるためには、「終身医療保険プレミアムDX」または「終身医療保険プレミアムDX Lady」に加入していれば、何度でも無料受けられます。

チューリッヒ セカンドオピニオン 利用する条件とは

ヘルスカウンセラーへ相談すると、総合相談医へセカンドオピニオン面談の手配を行います。

総合相談医が更に高度な専門医による意見を必要とする場合には、優秀専門臨床医を紹介するわけです。

また、専門医療情報・医療機関情報についても積極的に提供するので、セカンドオピニオンを利用すれば納得出来るまで治療方針を吟味した上で公開しない治療を受けられます。

チューリッヒにはセカンドオピニオン以外にもサービスがある

チューリッヒには、セカンドオピニオン以外にもメディカルサポートサービスがあります。

ガン専用メンタルケアサービス・健康・介護相談サービスといった複数ケアサービス提供されているので、ガン治療を支える家族に対するメンタルケア行えるわけです。

チューリッヒ セカンドオピニオン セカンドオピニオン以外

健康・介護相談サービスは、株式会社ライフケアパートナーズによる看護師とケアマネージャーによる有資格者対応という点に特徴があります。

子供が急に発熱した際に近隣の夜間病院や救急病院の場所と連絡方法についてのアドバイスといった、家族が不安にならずに済むサービスを提供しています。

チューリッヒだからこそ出来るセカンドオピニオン制度

チューリッヒだからこそ出来るセカンドオピニオンサービスとして、総合相談医優秀専門医という2種類の医師によるサービス提供が行われています。

ヘルスカウンセラーにより総合相談医を手配することが出来るので、具体的に現在の主治医の診断に対してどのような不安を抱いているのか確認した上で総合相談医へ橋渡しする流れです。

総合相談医が更に専門分野の権威による意見が必要と判断した時に初めて優秀専門医が手配されるので、各分野の権威による専門的なアドバイスを受けられます。

チューリッヒ セカンドオピニオン セカンドオピニオン制度

主治医とは異なるアドバイスが得られた場合には、病院変更の相談も出来るので安心です。

チューリッヒのセカンドオピニオンは推奨されている

チューリッヒのセカンドオピニオンは、最新の医療技術をいち早く取り入れるだけでなく、専門医による最先端治療方法を誰でも選択できるように手助けしています。

チューリッヒ セカンドオピニオン 推奨されている

医療技術の進歩が早いので、主治医が最新の医療技術をまだ身につけていないことが原因で古い治療方法が選択されて納得出来る治療が行えないという事態を防げるわけです。