Advertisements
Advertisements

生命保険で坐骨神経痛でも入れる?

生命保険 坐骨神経痛 サムネイル

生命保険への加入申し込みを行う際に、坐骨神経痛を告知事項として届け出ると必ずチェックが入り正式な病名の告知を伝えられます。

坐骨神経痛があると生命保険への加入が厳しいと考えがちですが、告知義務はあくまでも病名を記入しなければならないことを知っておかなければなりません。

では、なぜ坐骨神経痛という届け出では生命保険加入審査が進まないのでしょうか。

生命保険で坐骨神経痛はどのような扱いをされているのか

生命保険加入審査を行う際には、既往歴として正式な病名を届け出る必要があるので、坐骨神経痛は病名ではなく症状に過ぎないことを最初に知っておく必要があります。

生命保険 坐骨神経痛 どのような扱い

裏に隠れている病気が原因で起きている痛みという症状のことを坐骨神経痛と呼んでいるわけであって、正式病名複数存在するわけです。

腰部椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症といった脊椎疾患が代表的ですが、他にも血管性病変、腫瘍、内科系疾患、婦人科系疾患、精神的要素といった原因は多岐に渡ります。

生命保険加入審査では、リスク管理が徹底されているので正式には何の病気が原因で坐骨神経痛となっているのか、原因判明しない限り引受拒否をされても文句言えません

生命保険は坐骨神経痛に隠れた正式な病名次第で入れる

坐骨神経痛に隠れた正式病名次第では、生命保険加入に支障なしと判断されて完治していなくても加入出来る場合があります。

坐骨神経痛は、座骨神経に沿って臀部から脚にかけて発生する痛みの総称ですから、精神的要素婦人科系疾患の場合には問題されないこともあるわけです。

生命保険 坐骨神経痛 正式な病名次第

他の病名の場合には、部位不担保という制限付きで加入出来る場合があるので、生命保険会社ごとに加入審査内容が異なる点を理解して1社断られても他社ならば加入出来るかもしれません。

また、坐骨神経痛の原因となっていた病気が完治してから3年以上経過していれば、制限なく生命保険への加入行えます

生命保険において坐骨神経痛の完治は医師の診断が必要

坐骨神経痛完治は、生命保険において医師診断必要となる難しい問題です。

生命保険 坐骨神経痛 医師の診断が必要

なぜなら、坐骨神経痛はあくまでも症状の名称であって、本人に自覚症状が無くても坐骨神経痛の原因となっていた病気が完治しているとは限らないからです。

医師による坐骨神経痛の原因となっている病名診断と、完治有無の診断の2つを必要とすることから、正式な医師の診断が無ければ完治したと生命保険会社へ告げても意味がありません。

坐骨神経痛の中には腫瘍が原因となっているものが含まれているので、脊椎疾患ではなく悪性新生物原因ならばそもそも生命保険加入審査通過できません

生命保険の中には坐骨神経痛が完治してから数年経過すれば入れるものがある

生命保険の中には、坐骨神経痛完治してから数年経過すれば無条件入れるタイプが存在します。

部位不担保で加入審査に通過出来る生命保険は数多くありますが、万が一の時に本当に保険金支払いを受けられるのか不安で仕方ありません。

そこで、坐骨神経痛が完治してから3年以上経過していれば、過去の既往症について部位不担保としない生命保険を選ぶと良いでしょう。

引受条件緩和型生命保険では、保険料自体割高となってしまうので、一般的生命保険に加入した方がはるかに安い保険料大きな保障得られます。

生命保険 坐骨神経痛 数年経過すれば入れるものがある

生命保険への加入を行うならば、健康状態の維持とセットで考えると良いです。

部位不担保でも構わなければ生命保険は坐骨神経痛でも加入出来る

部位不担保でも構わなければ、坐骨神経痛の原因となる正式病名告知した上で生命保険へ加入出来ることがあります

生命保険 坐骨神経痛 部位不担保でも構わなければ

医師による正式な病名に関する診断書と治療状況の提出が必要になるものの、坐骨神経痛を発生させている原因となる病気に基づく入院給付金や手術給付金・死亡保障については保障対象外とすることで完治前に加入出来ます。

坐骨神経痛の完治が困難だと医師に診察された場合には、完治を目指して生命保険への加入を行わないよりも、部位不担保でも構わないからという理由で生命保険加入を優先すると良いでしょう。

生命保険は長期間の加入が前提となるので、坐骨神経痛と上手く付き合って行ける管理能力が高い人に向いています。

生命保険は坐骨神経痛に隠れた病名次第で加入出来る

生命保険の告知義務は、坐骨神経痛に隠れた正式病名告知行うことで果たすことが出来ます。

坐骨神経痛はあくまでも症状名に過ぎないので、生命保険はそれだけでは加入可否を判断出来ません。

正式な病名と治療状況を告知して初めて生命保険を引き受けてもらえるか審査対象となります。

生命保険 坐骨神経痛 病名次第で加入出来る

生命保険加入を優先するならば、部位不担保を条件として加入を認めてもらえることがありますが、探せば一般的な生命保険契約に完治から数年経過していることを条件認めてもらえることがあります